松下洸平 “無駄じゃなかった”音楽活動、誕生日にメジャーデビュー決定をサプライズ発表

音楽 公開日:2021/03/07 89
この記事を
クリップ

俳優の松下洸平が、3月6日(土)に自身初のライブツアー『KOUHEI MATSUSHITA LIVE TOUR 2021 HEART to HEART』ファイナル公演を日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(愛知)で開催した。全国のファンに向けて配信もされたこのライブでは、松下洸平名義でのメジャーデビューが決定した事と、さらに今年の夏頃にビクターエンタテインメントから新曲をリリースする事がサプライズで発表された。



【写真】ほかの写真をもっとみる




ライブレポート


この日は松下洸平の誕生日当日だった。ライブ公演中に突如現れたサプライズケーキを見て松下は歓喜の声をあげ、感謝の想いを語った。ライブは10年以上に渡り松下が書き続けたオリジナルソングに加えてカバー曲も含めた全15曲を、約1時間半に渡ってファンへ届けた。


開演直後、照明が暗くなりバックバンドの演奏が鳴り響く。松下本人の登場を待つファンはステージに釘付けだ。自身初のライブツアーの記念すべき1曲目はオリジナルソング『恋の病』からスタート。ファイナル公演を無事迎えられた喜びを全身に漂わせ、躍り出るように登場した松下の姿に、ファンは大きく手を振り、会場いっぱいに拍手が沸き起こる。軽快な楽曲に合わせて、会場にいる全員で今回のツアーグッズでもあるペンライトを振り、ファンからの熱い視線といくつものペンライトの光を浴びながら、そのままオリジナル曲『Beautiful』を披露していく。


1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ