崎山つばさ、1年振りのCDリリースとなるミニアルバムが決定

音楽 公開日:2021/03/01 8
この記事を
クリップ

2.5次元舞台等で活躍中の人気俳優、崎山つばさが約1年振りのCDリリースとなるミニアルバム『latte』(ラテ)を4月21日にリリースする。


今作は崎山自身初のミニアルバム形態となり、2019年8月リリースの『Salvia』、昨年1月リリースの『桜時雨』、昨年自身が出演した映画『死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-』の主題歌で自ら作詞を手掛けた『幻想人』(げんそうびと)に新曲3曲を含む全6曲収録予定。


今作のリード曲『叫べ』も崎山自身が作詞を手掛けた意欲作で、ミュージックビデオでは初めてのアコースティックギターをかき鳴らす姿が印象的だ。楽曲について崎山は「歌詞も含めて“ダークで苦々しい”をテーマにしています。今までの楽曲には無い世界観に注目して聴いて頂けたら」と聴きどころを語った。


アルバムのジャケット、ブックレットは熊本県奥阿蘇の雄大な自然の中で撮影され、パワースポットと言われる上色見熊野座神社、高森殿の杉等、崎山本人のリクエストによりロケ地が選定された。


また他にも新曲では崎山と交流の深い音楽ユニットvagueのクリエイターYuとのコラボ曲、アルバムリリースの度に恒例となっている崎山の父親が提供した楽曲も収録され、話題満載の作品に仕上がる予定だ。


今作『latte』について崎山は「苦いエスプレッソコーヒーにミルクを加えて甘くなるように、収録された楽曲には、苦々しい曲や甘くて柔らかい曲が混ざったラテのようなアルバムになっています。また日頃の苦い思いや嫌な事をアルバムの曲を聴いてホットする優しい時間にしてもらえたら」と意欲を語った。


今後は是非ともこの新作を引っ提げた久々のワンマンライブの開催を期待したい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ