NCT 127が先週から随時トレンド入り、2つの“ファン心理”飛び交う

音楽 公開日:2021/02/16 11
この記事を
クリップ

NCT 127の日本オリジナルミニアルバムのリード曲『gimme gimme』のMVが17日の発売に先駆けて、15日18時に世界同時に公開された。



プレミア公開となった今作は、公開時20万人以上が待機、瞬く間に再生回数を伸ばし、ツイッター世界トレンド1位をはじめ、先週から引き続き、随時トレンド入りしている状況に拍車をかけた。YouTubeのMusic Videoワールドワイドトレンドで1位を獲得、瞬く間に各国のYouTuberがリアクション動画をこぞって出すなど、注目度の高さがうかがえる。


このリード曲『gimme gimme』はこの日0時に先行配信され、そのNCT 127らしい独特な世界観とサウンドが、よりMVへの期待感を高めた。


1月27日に先行配信された『First Love』は爽やかで、初恋の胸の高鳴りを想像させる、オールドスクールR&Bナンバー。そのメロディセンスと一緒に歌えるポップさが、アルバム発売を待つファンにとって、最高のギフトになったところに、今回の『gimme gimme』の先行配信。


メンバーが以前「リード曲はとにかくNCT 127らしい曲」と言っているのにも違わず、ディープなシンセサウンドに、楽曲のストーリーを表現するラップパート、それと対照的な魅惑的なボーカル。ギャップのふり幅に驚かされる。


先週『CDTVライブ!ライブ!』にて同楽曲を初歌唱することが発表されたこともあり、『gimme gimme』の先行配信を迎え、ツイッターでは、「地上波でこの楽曲。お茶の間はビックリしちゃうのでは!?」「媚びないねぇ。最高!」など、より多くのファンを獲得して欲しいファン心理と、NCT 127の世界観を絶対に失ってほしくないファン心理が飛び交った。15日は0時の先行配信からMVの公開、地上波初歌唱、ハイライトメドレーの公開など、ツイッターのトレンドがほぼ関連ワードでにぎわい続ける状況だった。


貫く世界観と、完璧な容姿とスキル。独特のセンスは、確実にファンを増やし続けるだろう兆しがいたるところに表れていた。これからもブレることなく突き進んでいくことを期待したい。


また、2020年8月から2021年1月までメンズノンノウェブにてNCT 127の連載が掲載されていたが、なんと、驚異の1400万PVを達成したという。音楽性やスタイルだけでなく、メンバーそれぞれの人間としての魅力も、これからの人気に拍車をかけるだろう。

 

NCT 127は明日、17日、日本オリジナルミニアルバム「LOVEHOLIC」を発売。テーマ性の強いグループのアルバムを1枚通して聴いた時のツイッターの賑わいが楽しみだ。



※本記事は掲載時点の情報です。