安斉かれん、2021年の運勢は『愚者』の逆位置!最近ハマるタロットで占う

音楽 公開日:2021/02/10 9
この記事を
クリップ

自身初のバラード曲で勝負に出る。昨年放送の連続テレビドラマ『M 愛すべき人がいて』の主人公・アユ役で一躍時の人になった、歌手の安斉かれん。2021年は本業であるアーティストとしての存在感を一層強めていく構えだ。

本人作詞による渾身のピアノ・バラードとなった新曲『キミとボクの歌』(2月10日配信リリース)では、ピアノ演奏にも初挑戦。マイケル・ジャクソンやアデル、アリアナ・グランデなどの著名アーティストを手掛けたデヴィッド・キャンベルにストリングス・アレンジを依頼した。




【写真】ほかの写真をみる

なによりもまず、手応えがある。「バラードは歌うときに感情が乗りやすいジャンル。歌唱力も試されます。歌詞は去年の2月に完成していたけれど、約1年経った今でもこの詩に込めた言葉や思いは変わりません。それだけ思い入れのある曲で、私自身も大好き。ライブの最後を締めくくる曲として大切に歌いたいです」と胸を張る。


「破片」を「葉片」という造語で表現するなど、言葉に想いを詰め込んだような歌詞が目を引く。「今までは自分だけのことを歌詞にしていたけれど、今回のテーマは『わたしと大切な人』。メロディに合わせるために歌詞の微調整はあったけれど、ほぼ一発で書き終わりました。スマホのメモ帳に書き溜めていた言葉の中でも、ずっと大切に取って置いた言葉を詰め込んで。完成したものをスタッフさんに送ったときは達成感がありました」と笑った。


安斉には歌詞を書く際のルーティンがあるという。「家のベッドに座りながら、時間帯は深夜12時過ぎ。街全体が寝静まった無音状態で言葉を構築していきます。深夜は脳みそが一番活発な気がする。書き終わったらそれをスタッフさんにLINEで送信。次の瞬間にすべて閉じて寝る!」と照れつつも創作の一連の流れを解説する。


約半年の特訓でピアノの演奏も上達。レコーディングは緊張したというが、完成した楽曲には満足以上のものを得ている。デヴィッド・キャンベルによるストリングス・アレンジには「 “キミとボク”という二人の世界がより深く広がっている気がします。初めて聴いたときは本当に感動しました」と喜色満面だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ