adieu(上白石萌歌)、自身出演のCMで歌唱した『やさしい気持ち』リアレンジカヴァー

音楽 公開日:2021/02/06 15
この記事を
クリップ

映画・ドラマ・舞台などで様々な顔を見せる上白石萌歌が「キリン 午後の紅茶」CMシリーズで歌唱し、その透明感のある歌声が話題となったが、そのCMで5年前に歌唱したCHARAの名曲『やさしい気持ち』をリアレンジカヴァーして上白石萌歌の音楽活動名義でもあるadieuとして2/10に配信することが決定した。


「キリン 午後の紅茶」CMでは『やさしい気持ち』、『カブトムシ』、『楓』、『366日』の4曲を歌唱していたが、昨年配信した『楓』に続いて第二弾のカヴァーとなる。


第二弾となる『やさしい気持ち』のオリジナルは発売から20年以上経た今もなお歌い継がれている時代の名曲だ。その楽曲を今回adieu流にリアレンジ。シンプルなadieuの歌力に幻想的なコーラスワーク、瑞々しいアレンジが印象的となっており、5年前に自身歌唱の『やさしい気持ち』とも聴き比べてみたい。


上白石は「前回の『楓』に続き、第二弾として『やさしい気持ち』をリアレンジさせていただくことになりました。この曲をCM時に歌唱させていただいたのが約5年前!時の流れの速さを感じます。あの時の気持ちを忘れないままに、新たな解釈と感情で歌うことができました。なかなか肌と肌を触れ合わせることが難しい今だからこそ、この曲の持つ力が大きくなると信じています。凍てつく寒さが続く日々、体温をぐっと上げてくれるような、あたたかくやさしい気持ちをこの曲がお届けできればいいなと思います。」と楽曲を届けたい気持ちを語った。


肌寒いこの季節に寄り添ってくれるadieuの「やさしい気持ち」に包まれながら、今後の音楽活動での躍進が楽しみだ。

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)