7ORDER 「僕たちの精一杯をぶつけます」1stツアー完遂、公演のデジタル配信も決定

音楽 公開日:2021/01/31 24
この記事を
クリップ

7ORDERが1stツアー「7ORDER LIVE TOUR 2021 “WE ARE ONE”」の全8公演を完遂! 1月13日にリリースしたメジャーデビューアルバム『ONE』の収録曲を中心に、各回約90分にわたって演奏、歌、ダンス、トークを交えた彼ららしい多彩なステージを作り上げた。初回公演となった1月13日1部の東京・日本武道館公演の模様をレポートする。



コロナ禍かつ緊急事態宣言下での開催となった今回のツアーは、会場の動員をキャパシティ半分以下に押さえ、分散入場と規制退場、サーモグラフィーによる検温、手指や足裏の消毒、20時までの公演終了など、さまざまな新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じたうえで実施。会場内にもマスク着用やソーシャルディスタンスを促す特製ポスターが掲示され、観客は歓声の代わりに全員に配布された光るスティックバルーンを振って熱い応援を送った。


 13日14時。武道館が暗転すると4400人の観客が手にするスティックバルーンが光り出し、ステージのスクリーンに「WE ARE ONE」とオープニング映像が流れる。それに続いて、スモーク立ち込めるステージセットの柵の中に、安井謙太郎(Vo)、真田佑馬(G)、諸星翔希(Sax)、森田美勇人(B)、萩谷慧悟(Dr)、阿部顕嵐(Vo)、長妻怜央(Key)というバンドセットの7人が勇ましく浮かび上がった。記念すべき初ワンマンライブのオープニングナンバーは、アルバムのリードトラック「LIFE」だ。その歌声と演奏をひとたび聴けば、彼らの気合のほどが否が応でも伝わってくる。


次の「タイムトラベラー」へなだれ込むと、安井が「いくぞ武道館!!」、阿部が「会いたかったぜー!」と叫んで、彼らボーカル2人はステージ両翼のせり出しへ駆け出していく。また、スクリーンに表示されるカウンターが、7ORDERの始動した日付「2019/05/22」に始まり、この日の日付「2021/01/13」で終わるという、曲名にちなんだ粋な演出も。



 

安井は「武道館の皆さん、WE ARE ONEへようこそ! 次の曲は皆さんと一緒に作っていきたいと思います。今日は皆さんの声としてスティックバルーンを使いますよ」と客席に語りかけて、バルーンの叩くリズムをレクチャー。陽気なロックチューン「BOW!!」に乗せてそれを実演すれば、場内の一体感がぐっと高まる。声を出せない観客の代わりに、メンバーたちから「見えてるよー!」「うまい!」と積極的に煽ることで心の距離を詰めていく姿が印象的だった。


 

冒頭のバンドパートを終え、メンバー紹介を兼ねたソロダンスを披露した後はダンスパートにシフト。アグレッシブなEDMチューン「Perfect」を全員ヘッドセットマイクでパフォーマンスする。また、長妻が天真爛漫に「皆さん元気ですかー!?」と呼びかけ、彼の歌い出しから始まったのは「Sabãoflower」。軽やかにジャンプしながら7人が歌うアリーナ上空には、シャボン玉が舞っていた。続く「Rest of my life」ではアコースティックサウンドに乗せて、イスを使ったしなやかな踊りや柔らかいハーモニーを披露するなど、チルアウトな楽曲でも観る者を魅了した。


 

MCタイムで一息ついた7人は、ファンに改めて1stアルバムのリリースを報告し、祝福の大拍手を浴びる。この日を待ち望んでいたのはメンバーも同じで、安井、長妻、阿部はライブに向けて肉を1人640gも食べて体作りに励んだという。また、萩谷、真田、諸星は、萩谷がメインパーソナリティを務めているレギュラーラジオ「7ORDERのNACK7」に出演した際のエピソードで盛り上がった。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)