『NEWS23』新エンディングテーマ、スピッツが込めた想いとは

音楽 公開日:2021/01/04 1
この記事を
クリップ

TBSで放送中の『NEWS23』の新エンディングテーマに、スピッツの新曲「紫の夜を越えて」が決定。今夜11時からの番組の最後に、初放送される。


スピッツは、草野マサムネ(Vo/Gt)、三輪テツヤ(Gt)、田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)の4人組ロックバンド。1987年結成、1991年メジャーデビュー。草野の独特かつ研ぎ澄まされた詩の世界と切なさ溢れるメロディーで、高いクオリティーのポップサウンドを生み出している。1995年、11枚目のシングル「ロビンソン」が150万枚の大ヒット。また、同年のアルバム「ハチミツ」も100万枚突破と、多くのファンを獲得。以降、楽曲制作、全国ツアー、イベント開催などを続け、世代をこえて愛されている。


30年以上、音楽シーンをけん引してきた彼らにとっても、報道番組のエンディングテーマを手掛けるのは初の試み。過去のニュース映像を見ながら、楽曲制作を行ったという。


新エンディングテーマは、本日1月4日(月)から放送。うれしいニュース、悲しいニュース、考えさせられるニュース…番組では、その日の印象的なニュース映像をスピッツのメロディーに重ねあわせていく。一日の終わりに、みなさんに「紫の夜を越えて」がどう響くのか、「今日一日」に思いをめぐらせるひと時をお届けする。


<スピッツ 草野マサムネ コメント>

毎日当たり前のように夜11時からは『NEWS23』を拝見してきたので、スピッツの曲を使っていただけるのは不思議でもあり、大変光栄に思います!新型コロナの影響で従来の価値観が揺らいで、社会全体が不安の霧で覆われそうな昨今です。そんな日々の締めくくりに『NEWS23』を見て一喜一憂した後に、この曲を耳にされた方々が今後少しずつでも霧が晴れて、明るい方へ向かっていけるイメージを持ってもらえたらという思いで作りました。
スピッツ 草野マサムネ


<小川彩佳 コメント>

小学生の頃から大好きなスピッツの皆さんが楽曲を寄せてくださると聞いた時、あまりのうれしさに泣きそうになりました。そして初めて「紫の夜を越えて」を聴いた時、その音と歌詞の優しさに、今度は涙が溢れました。なかなか光の見えないコロナ禍、明日はなにが起きるだろうと、お休み前にふと不安がよぎる方も少なくないと思います。私もそのひとりです。そんな夜に、「今日より明日がいい日でありますように」と祈りをのせて、視聴者の皆様とともに耳を傾けたいです。


■『NEWS23』
TBS 月曜~木曜よる11時から、金曜よる11時30分から放送

※本記事は掲載時点の情報です。