EXILE 新体制初ライブ「日本を元気に」14人一丸で力強いパフォーマンス披露

音楽 公開日:2020/12/30 21
この記事を
クリップ

EXILEが12月29日に行われた有料配信ライブ『LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER』に登場した。今年11月に最後のオリジナルメンバーとなるEXILE ATSUSHIが勇退し、14人体制として新たなスタートを切ったEXILE。『LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER』は、そんなメンバー達の頼もしい後ろ姿(オープニング映像)から幕を開けた。


EXILE AKIRA「いつまでも時代と共にあれるグループでありたい」、EXILE TAKAHIRO「EXILEの歴史とともにファンの皆さんとEXILEを0から作り上げていく」2006年の加入以降、グループの一員として走り続けているEXILE AKIRA・EXILE TAKAHIROの2人のメッセージに次いで、それぞれがEXILEへの想いを語っていく。振り向いた彼らの瞳の奥には、闘志の炎が上がる。




そして、EXILE SHOKICHIのダイナミックなドラムとEXILE NESMITHのエッジーなギター、勇ましいコーラスに導かれるようにライブパートへ。衣装はもちろん、力強くはためくフラッグ、ステージセットに至るまで真っ赤に染め上げる様は、まさに何度でも蘇る火の鳥“フェニックス”のよう。EXILE TAKAHIROの高らかなシャウトが、伝説を作り続けるグループ・EXILEの降臨を告げた。



観客を煽りながら移動したメンバー達は、全面にARを用いたステージで2021年1発目のリリースとなる最新曲「RED PHOENIX」を歌い上げる。SHOKICHI・NESMITHのエネルギッシュな掛け合いと、その中央で響くEXILE TAKAHIROの澄んだ歌声。EXILEの王道と言える大所帯でのユニゾンダンスもありつつ、変幻自在に形を変えるフォーメーションが次世代のEXILE像を描き出す。先輩から後輩へと歌い継がれている「24 WORLD」では、夜景をバックにEXILE SHOKICHIがソロ歌唱したり、EXILE SHOKICHIと関口メンディーが新たに書き替えたというラップを初披露する場面も。全員で楽しげにラインダンスを踊る姿が微笑ましい「DANCE INTO FANTASY」、ハイタッチを想起させる振付で画面越しに視聴者と触れ合った「PARTY ALL NIGHT ~STAR OF WISH~」と、アッパーなパーティーチューンが続けば、一足先に新年を迎えたような幸せムードが充満した。


1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)