桑田佳祐『紅白歌合戦』にVTR出演、坂本冬美にエール送る

音楽 公開日:2020/12/30 5
この記事を
クリップ

激動の年となった2020年もいよいよあと明日一日を残すのみとなった。


大変な思いをした年だったが、最後くらいは来年への希望も含めて、明るく楽しく過ごそうということで、12月31日にはサザンオールスターズ恒例の「年越しライブ」が、6年ぶりに行われる。タイトルは『ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’〜皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!〜」』。果たしてどんなライブになるのか!?是非ともお楽しみに。


さて、一方でそんな大晦日のもうひとつのお楽しみといえばもちろん、NHK紅白歌合戦。2年前サザンオールスターズでの記憶に新しいが、今年の紅白は、なんと桑田佳祐がVTRで出演することが決定した。


出演は、坂本冬美の歌唱の際に、応援コメントを送るという形。坂本は、ご存じの通り、今年の11月に『ブッダのように私は死んだ』という、インパクト抜群の、演歌というジャンルを越えた新曲をリリースしたばかり。この曲を楽曲提供したのが、23年ぶりに他アーティストのために曲を書いたという桑田佳祐ということもあり、リリース以降大きな話題となっている。2年前の紅白歌合戦で初めて会ったことがきっかけで実現した今回の曲提供ということもあり、「ほぼほぼ年越しライブ」が控える中ではあるが、特別にVTRという形での出演が実現の運びとなった。


桑田佳祐から、どんなコメントが届くことになるのか?大晦日は、「紅白歌合戦」~「ほぼほぼ年越しライブ」で一緒に素敵な2021年を迎えよう。


※本記事は掲載時点の情報です。