BALLISTIK BOYZ、2020年の集大成のステージ披露「自分たちの武器を磨こうと思った」

音楽 公開日:2020/12/24 6
この記事を
クリップ

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが12月23日に行われた『LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER』の2日目に登場した。全員が歌&ダンス&アクロバットをこなせるほか、留学経験のあるメンバーや海外にルーツを持つメンバーを擁し、語学にも堪能でマルチスキルな7人だ。単独では2回目の参加となる『LIVE×ONLINE』で、どのようなステージを見せてくれるのだろうか。



前回は1stホールツアー『BBZ』のセットリストを『LIVE×ONLINE』向けにアレンジした形だったが、「BALLI - X'mas」をテーマにしたこの日のステージは、1人の少女(平川結月)の夢の中に入っていくとBALLISTIK BOYZのメンバーたちがいて……というストーリー仕立ての演出となる。


ライブは真冬をホットに盛り上げる「SUMMER HYPE」からスタート。「テンハネ -1000%-」(1stアルバム『BALLISTIK BOYZ』収録)ではスクリーンに同曲MVが投影されていたが、デビューからわずか1年半の間に頼もしく華のある存在へと成長した現在の7人との対比も感慨深かった。3曲目が「BLAST OFF」で彼らの得意とするストリート色の強いナンバーが続くが、「(メンバーの)普段の雰囲気とのギャップに毎回やられる」というファンのコメントにも大いに頷ける。スクリーンに鬱蒼としたジャングルが映し出された「Bang Out」では〈好きな事だけを選び進むだけ/自分信じて〉という歌詞になぞらえるかのように、7人がサーフボードで激流に飛び込んでいくような演出のユニークさも目を引いた。



主人公の少女がさらに夢の中へと進むと、革ジャンを羽織った砂田将宏がギター、深堀未来がドラムというバンドスタイルで出迎える。奥田力也もラップで参加し、グループのレパートリーにはないハードなサウンドを聴かせていく。世界基準の人材を育成する『PROJECT TARO』でかつてNY留学を経験したこの3人のコンビネーションには「タロメン最高!」とファンも歓喜していた。


「Front Burner」からは、曲によりニューカマーのPSYCHIC FEVERも参戦。計15人で厚みのあるダンスパフォーマンスを見せていく。グループ史上最速のダンスを披露する「44RAIDERS」に続き、暗視カメラが7人のパフォーマンスをミステリアスに捉えた7曲目「Most Wanted」は、まさにオンラインライブならではといえる演出で興味深かった。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)