上白石萌音「一番この曲を好きでいてくれている」杉野遥亮とMVで共演

音楽 公開日:2020/12/17 69
この記事を
クリップ

女優で歌手の上白石萌音が、約2年ぶりに俳優の杉野遥亮と共演する。



今年8月26日にリリースされ、オリコンウィークリーチャート3位を記録し、収録される楽曲の提供アーティストらの豪華さとそれらの多彩な楽曲たちを伸びやかに歌いこなす上白石萌音の歌唱力の高さが話題となっている、初オリジナルフルアルバム『note』が、装いを新たに高音質で楽しめるデラックスエディション『note book』として12月23日に発売される。その『note book』に収録される、楽曲『ハッピーエンド』の新撮ミュージックビデオが解禁された。


【画像】キッチンに立つ上白石萌音

このミュージックビデオに杉野遥亮が出演。上白石と約2年ぶりの共演を果たしていることが明らかになった。


『ハッピーエンド』は映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、サブスク2700万回再生を超えリリースから2年経った今でも広く愛されている楽曲。映画でも共演していた二人だが、「一番この曲を好きでいてくれている」と上白石が語る杉野に「是非出て欲しい」とオファーし実現した共演となっている。


ミューシックビデオはストーリー仕立てになっていて、お互いに別の場所で過ごしたカップルが1日の終わりに再び会える喜びを表現した心温まるラヴストーリーとなっている。素敵な恋愛を疑似体験できる内容となっているので、是非チェックしてみよう。このミュージックビデオはYouTubeにてショートver.も公開されている。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)