クリスタルボイスが心地いい、下村実生の『炎 / LiSA』歌ってみた動画に注目

音楽 公開日:2020/12/05 22
この記事を
クリップ

今年6月に活動停止となったフェアリーズの下村実生が12月4日に自身のYouTubeチャンネルに上げた『炎 /LiSA』の歌ってみた動画に、数多くの称賛の声が寄せられ注目が集まっている。


6月以降、歌手を含めたソロ活動を展開していくと宣言していた下村。10月からは自身初のオフィシャルYouTubeチャンネル「こつこつみきちゃんねる」を開設し、自己発信の場として様々な動画を公開していた。


今回初めての”歌ってみた動画”ということで選曲したのは今話題の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 」の主題歌、LiSAの『炎』。フェアリーズにおいてメインボーカルの一躍を担っていた下村だが、彼女独特の芯のある、それでいて心地良い高音の響きを持つ歌声が楽曲ともマッチし、「やばい。鳥肌たった。。歌声綺麗すぎだし」「ほんとに綺麗に高音出るよね聞いてて凄く気持ちいい」「みきちゃんの高音ってものすごくキレイだからそれがすごく生かせれる曲だね」などと多くの称賛コメントが書き込まれており、引き続き再生回数を伸ばしている。


本来シャイな性格でどちらかというとグループ活動中は控え目だった下村。ソロ活動が活発になることで、今まで見えにくかった彼女のアーティストとしてのポテンシャルを感じ取れる今回の動画。 オリジナル楽曲で勝負する彼女を観る日もそう遠くない未来にやってきそうである。


今後もこうした "歌ってみた動画" は不定期で投稿していく模様。まずは、この「炎」をチェックして彼女の歌声に癒されてみてはいかがだろうか。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)