海宝直人「今の自分があるのは人とのめぐり逢い」芸能生活25周年を振り返る

音楽 公開日:2020/12/03 39
この記事を
クリップ

数多くのミュージカルの舞台に出演し、最近ではNHK 連続テレビ小説『エール』で圧倒的な歌唱力を見せた海宝直人。ロンドンロイヤルオペラハウス コンサートマスターも認めた日本が誇る至高の存在が舞台芸能活動25周年を記念してニューアルバム『Break a leg!』を12月2日(水)に発売する。今作はミュージカル界で歌い継がれてきたナンバーをオーケストラとともに作り上げた自身初となるミュージカル名作カバーアルバム。そこでドワンゴジェイピーnewsでは海宝に直撃インタビュー。アルバムに関することやミュージカル俳優としての25年を振り返ってもらったほか、2021年に上演が決まったミュージカル『The Illusionist-イリュージョニスト-』への思いを聞いてきた。



——最新アルバム『Break a leg!』。こちらのタイトルはすぐに決まったんですか?


「はい。“Break a leg”は演劇の世界で“good luck”のような意味で使われる言葉で、“成功を祈ってるよ”って応援メッセージのような意味があるんです。今のコロナ禍の状況も顧みて、このアルバムを聴いていただいた人には少しでも元気になってもらいたく、そういうアルバムにできたらいいなという願いも込めて、このタイトルを付けました」



——アルバムにはミュージカルの名作曲が数多く収録されています。まず「これは絶対に入れたかった」曲というと?


「『Sheridan Square』という曲は絶対に入れると自分の中で決めていました。僕の1stアルバムはアラン・メンケンさんの楽曲を集めたCDで、そのときに入れたかった曲なんです。でもそのときのアルバムはディズニー曲ばかりを集めた1枚だったので入れることができなくて。今回やっとアラン・メンケンさんの未発表曲でもある『Sheridan Square』をアルバムに収めることができました」


——「どうしようかな?」とアルバムに入れるか迷った曲はあるんですか?


「今、僕の推し曲みたいになっている『Defying Gravity ~自由を求めて』なんですが、実はアルバムに入れるという発想が浮かばなかった曲なんです。女性の曲ですし、曲中に掛け合いもあるので、ソロCDとして入れるのは難しいんじゃないかと思っていたんです。でもスタッフと相談して、やっぱりこの曲はいれたほうがいいという結論に達しました。実際に録音したらとてもいい曲に仕上がったので結果的に入れて良かったなと思います」


——歌っていて楽しかった曲、苦労した曲といえば?


「楽しかった曲と言えば、やっぱり『Something’s Coming』。高揚感があってワクワクする曲で、すぐに1曲目に決まりました。逆に苦労……苦労というか、『Run away with me』は自分の中で理想が高い曲で。あまりに好き過ぎて、表現したいハードルがかなり高かったんです。何度もテイクを重ねるうち、自分でも何がいいのか分からなくなってきて。最終的には“これで大丈夫ですか?”とスタッフさんに確認するほどでした(笑)」


——オーケストラによる演奏でのレコーディングはいかがでしたか?


「とても楽しかったです。全曲、アレンジしてくれた森亮平は“アコースティックなオーケストラバージョンにするのに苦労した”と言ってましたけど(笑)。 オーケストラを演奏してくれたみなさんにとっても難易度が高かったようですが、素晴らしい演奏のおかげでとてもいいアルバムに仕上がったと思います」


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント