倖田來未、20周年イヤー集大成のMini ALがついにリリース

音楽 公開日:2020/12/02 5
この記事を
クリップ

Mini AL『angeL [MY NAME IS...]』【L盤】と『monsteR [MY NAME IS...]』【R盤】の2コセンプトを軸とした倖田來未の20周年イヤーの集大成となる作品がいよいよリリース。

【L盤】では「光」、【R盤】では「闇」をテーマにした収録内容となっており、倖田來未の20周年での経験が作品に込められている。収録楽曲では、コロナウィルス自粛期間でリモートで制作を進めた「puff」、TBS情報番組「グッとラック!」のテーマソング「I’m Lovin’」、 ダークなダンスチューンとなる「Killer monsteR」、"20年間歌わせて頂き歩んできた中での想い" がテーマの「RUN」など、【L盤】【R盤】ともに各6曲を収録。


また【L盤】と【R盤】に2020年の新曲MV(4本)が収録されたDVDがセットの『angeL + monsteR [MY NAME IS...]』もリリース。


さらにFC限定盤『angeL × monsteR [MY NAME IS...]』では、こちらの全ての収録内容に加え、特殊パッケージデザインに合計2冊の【L盤】と【R盤】のそれぞれのオリジナル写真集や、MV撮影やレコーディングの様子が収録されている「Behind the Scenes -angeL × monsteR [MY NAME IS...]-」などの映像作品が盛りだくさんの内容となっている。


また、Mini AL『angeL [MY NAME IS...]』/『monsteR [MY NAME IS...]』の全曲試聴と楽曲解説が、彼女自身の言葉で語られているライブ配信が実施された。YouTube<倖田來未チャンネル>でアーカイブ配信されているので、ぜひこちらを視聴し、いよいよリリースとなるMini AL『angeL [MY NAME IS...]』/『monsteR [MY NAME IS...]』の楽しみをさらに高めて欲しい。


そして、12月5日、6日にツアーファイナルが代々木第一体育館にて開催される。コロナ禍以降では日本人初となるアリーナツアーを9月より開催しており、「少しでもエンタメの火を絶やさないよう」という気持ちを込めてスタートさせ、新型コロナウィルスの感染を拡大させないよう予防対策も徹底し、全ての会場で感染ゼロという結果となっているとのこと。まだまだ不安な日常を抱える2020年だが、倖田來未の楽曲や映像やライブ作品に触れ、前を向く希望を感じてみてはいかがだろうか。


『angeL × monsteR [MY NAME IS...]』

発売日:12月2日(水)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)