E-girls 年内で解散発表、ベストアルバム発売決定

音楽 公開日:2020/11/28 25
この記事を
クリップ

2020年12月31日をもって解散を発表したE-girls。


これまで応援してくれたファンに感謝の気持ちを込めて、デビュー日である12月28日(月)にベストアルバムをリリースすることを発表した。


11人体制での初シングル『Love ☆ Queen』以降、『So many stars』までの全てのオリジナル楽曲と、新曲『eleven』を収録。さらに「E-girls LIVE TOUR 2018 ~EG 11~」で披露したEXILEのカバー曲『VICTORY (E-girls version)』を加えた全29曲を収録。


新曲『eleven』は、11人のメンバー全員がこれまで歩んできた道のりへの想いを込めて綴った言葉を、11人体制以降大半のE-girls楽曲のボーカルディレクションを担当してきた和田昌哉氏が歌詞として纏める事で生み出された作品。


「ここにいる11人(仲間)で守り続けたもの」「一緒に過ごした瞬間は永遠」


彼女たちの心からのメッセージと、E-girlsらしい明るくキラキラしたトラックが調和した、ラストを飾るのにふさわしい楽曲が完成した。


DVD/Blu-ray Discには現在の11人体制以降のMusic Video15曲と、初公開を含むダンスプラクティスビデオが収録されている。さらに、新ビジュアル・ジャケット写真、特典内容も併せて公開となった。


E-girls最後のベストアルバム、ぜひチェックしてみよう。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ