宇野実彩子&山田裕貴、失恋ソングMVで共演!赤裸々恋愛トークを展開

音楽 公開日:2020/11/04 11
この記事を
クリップ

AAA(トリプル・エー)の宇野実彩子が「心がえぐられるようなラブバラードができた」と胸を張ったソロシングル『最低な君にさっきフラれました』をリリース。失恋したての女性の、取り繕うことない言葉が綴られた本作は、俳優・山田裕貴とコラボし、ドラマ仕立てのミュージックビデオ(以下MV)としても世に送り出される。宇野と山田が魂を込めてコラボレートした作品への思いを語り合った。



――『最低な君にさっきフラれました』という衝撃的なタイトルの曲ですね。


宇野:本当にフラれた直後の傷ついた気持ちを、言葉を選ばずに本音を吐き出すような形で紡ぎました。失恋って時間が経つと、どうしてもきれいな思い出にしてしまいがちなのですが、直後ってもっと痛くて毒が混じった感情だと思うんです。苦しかったのですが、そこを繕うことなく言葉にしました。私のなかでもいままでにないほど、かなり切ない、心をえぐられるようなラブバラードができたと思っています。


――MVは、宇野さん初のドラマ仕立て、監督は日本アカデミー賞・作品賞も受賞している藤井道人さんにオファーしたと聞きました。


宇野:藤井監督とは以前ドラマ(『会社は学校じゃねぇんだよ』)でご一緒させていただいたのですが、映像の雰囲気がどこか優しくて冷たい体温のある人間ぽさを感じたんです。今回の曲はきれい過ぎない表現をしたかったので、藤井監督にお願いしました。



――山田さんはMVのオファーを受けたとき、率直にどんなお気持ちでしたか?


山田:単純に嬉しかったです。宇野さんはAAAとしても、もちろん知っていましたし、僕が出ているドラマの主題歌もAAAさんに歌っていただいたりしたので、もともとご縁があるなと思っていたんです。MVに出演するのも、すごく久々だったし、しかも男女のリアルな恋愛ドラマと聞いて、自分の過去の恋愛なども思い返しながら臨もうと意欲満々でした(笑)。


――撮影で実際お会いしてどんな印象を持ちましたか?


宇野:これまで山田さんの出演作はいろいろ観させていただいていましたが、作品ごとに変幻自在で柔軟な方だなという印象を持っていました。私にとって最高であり最低な彼氏を演じていただくなら山田さんだなと。実際お会いすると、すごく気さくな方。私は人見知りなのですが、とても話しやすく素敵な2日間を過ごすことができました。


山田:最初のカットが始まるまえに、宇野さんが「緊張する!」とおっしゃっていたのを聞いて「あれ、こういう撮影は慣れているんじゃないの? もしかして俺が引っ張っていかないと」と一気にプレッシャーがのしかかってきました(笑)。でも全然そんなことなく、その場に自然にいさせてくれる空気感を持っている方でした。2日間限定の恋愛模様……肩ひじ張ることなく現場にいさせてもらいました。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)