EXILE ATSUSHI グループを勇退、ソロ活動に専念

音楽 公開日:2020/11/02 6
この記事を
クリップ

11月2日をもってEXILE ATSUSHIがグループでのEXILEの活動を勇退し、EXILE ATSUSHIとしてソロ活動に専念することが発表された。


同時に発表されたEXILE通算50枚目のシングル『SUNSHINE』(12/16発売)は、EXILE ATSUSHIが参加するラストの作品となる。先行配信は11月3日0時より順次スタートされる。


タイトル「SUNSHINE」=太陽のごとく、デビュー以来、ファンを、そして世の中を、音楽の力で温かく照らし続けてきたEXILEだからこそ放ち得る表題曲を含む2曲を収録予定。また、CD+2枚の映像Discで構成された豪華盤には、新型コロナウィルス感染拡大防止の為開演直前に中止となった2020年2月26日の京セラドーム公演最終日(ツアーファイナル)の前日に奇跡的に撮影された、EXILE ATSUSHI勇退前最後のライブ映像「EXILE PERFECT LIVE 2001→2020」(約120分)を収録。ポジティヴなメッセージが込められた楽曲群と、感動と興奮を余すことなく伝えるライブ映像による、現15人体制ラスト作品となる心震えるドラマティックな一作となっている。


なお、11/4に発売になるEXILE ATSUSHIのソロオリジナルアルバム『40 ~forty~』は、新たな挑戦への決意の作品となっており、アルバムとセット販売されている書籍「SIGN」には、今回の勇退の全貌が記されている。


EXILEはこれまでも形を変え、進化し続けてきたが、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIROを中心とした14人による新たなEXILEがスタートすることになる。14人はEXILEを受け継いでいくという決意とともに、14人だからこそできる新たなEXILEを表現しようと、心を一つに強く結束しているようだ。これからもEXILE ATSUSHI、そして14人の新生EXILEの活動から目が離せない。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)