突如YouTubeなどでバズった“謎の女性ボーカリスト” Xperia CMソングに異例の大抜擢

音楽 公開日:2020/10/26 7
この記事を
クリップ

2019年3月突如YouTubeに現れた“Anonymouz”(アノニムーズ)。彼女が制作したJ-POPの英語カバー動画は、巧みな翻訳技術と、ピュアで伸びやかな歌声が話題となり、瞬く間に1,000万回以上再生されている。



YouTube登録者数はたった1年間で12万人を突破し話題に。特にYOASOBI『夜に駆ける』の英語カバーは100万回近く再生され、TikTokなどでも大きなバズを起こした。これまでに数々の有名アーティスト達もSNS上で彼女の歌唱力・翻訳力を賞賛している。


そんな彼女のオリジナル楽曲『Eyes』が今冬新登場する、ソニーのXperia 5 II CMソングに採用された。インディーズで活動するアーティストが抜擢されるのは異例のこと。CMは11月1日よりO.Aとなる。

<ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 岸田光哉社長コメント>

彼女の透き通った、そして、ぬくもりのある歌声を初めて聴いた瞬間、心を掴まれ、一緒に商品のCMを作りたいと強く感じました。商品の特長である「リアルタイム瞳AF」機能を搭載したカメラにもピッタリな楽曲『Eyes』を提供頂き、大変嬉しく思っています。

<Anonymouzコメント>

今回このような心温まる美しいCMに、自分の声を乗せて頂けることが本当に嬉しく思います。一人でも多くの方が、大切な人との大切な瞬間を、このCMを見て思い出してもらえたら嬉しいです。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ