Snow Man 初の単独生配信ライブで見ごたえ十分のステージ披露、3rdシングル発売決定

音楽 公開日:2020/10/23 5
この記事を
クリップ

Snow Manが、初の単独ライブ“ Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.”を生配信で開催した。


デビューシングルはミリオン突破。2ndシングル『KISSIN’ MY LIPS』もミリオン目前というSnow Man。ライブでは、9人が円形のゴンドラに乗り、上空から登場した『Make It Hot』でスタート。導入部で『Cry out』や『Party! Party! Party!』といった勢いのある楽曲を続け、画面の向こうの観客のテンションを上げていく。そして、ファンの心と身体が温まったところで、デビュー曲『D.D.』を投下。会場中を青と白の電飾で埋め尽くした美しい景色の中で、これぞSnow Man! というキレのいいパフォーマンスを見せた。


【関連】Snow Man 圧巻の色っぽさと艶っぽさを披露


CDデビュー後、初の単独ライブだけに、ライブ初披露となる楽曲もタップリ。『滝沢歌舞伎ZERO』のオープニングテーマ『ひらりと桜』や、Paraviで放送中の冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』のテーマソング『ナミダの海を越えて行け』。2ndシングルのカップリング曲『ファンターナモーレ』『君の彼氏になりたい。』の4曲だ。このうち『君の彼氏になりたい。』は、メンバーの岩本照が振り付けを担当。ユニークな歌詞に合わせた遊び心がありつつも細部にこだわった振り付けと、それを完璧に表現する9人のテクニックに目を奪われるばかりだった。


パフォーマンスの幅広さもSnow Manの武器のひとつ。スタイリッシュな2ndシングル『KISSIN’ MY LIPS』で椅子を使ったダンスを見せたかと思えば、パルクールというスポーツを取り入れたパフォーマンスを取り入れた楽曲も披露。ステージ上を縦横無尽に駆け抜ける様は見応え十分で、アクションやアクロバットも難なくこなす9人ならではだ。



ライブの最後はメンバー全員がフロートに乗り、アリーナを移動しながら再び『D.D.』を。そしてステージに戻ったメンバーは、ライブができることの喜びと配信を見てくれたファンへの感謝を口々に語っていた。ライブのMCタイムには年始に地上波特番の第2弾が全国ネットで放送されることが本人たちにもサプライズで発表され、さらに、年明けの1月20日には3rdシングルのリリースも決定したSnow Man。シングルの情報は今後オフィシャルHPでも発表されるとのことでぜひチェックしていただきたい。


この日の初日公演の模様は、中国の「網易雲音楽」を通じて25日午後7時(日本時間同8時)に中国本土に向けて配信されることも決定し、ジャニーズが海外にライブ映像を配信するのは初となる。ラストナンバーなった『朝焼けの花』の歌詞に“僕らの夢に行こう”というフレーズがあるように、9人はこれからも自分たちの夢に向かって真っすぐに突き進んで行くことだろう。

※本記事は掲載時点の情報です。