福山雅治、デビュー30周年記念アルバムのタイトルは父親の名前

音楽 公開日:2020/10/22 2
この記事を
クリップ

福山雅治が6年8ヶ月ぶりにリリースするオリジナルアルバムのタイトルが決定した。


12月8日(火)に発売されるデビュー30周年記念オリジナルアルバムのタイトルは『AKIRA』。AKIRAとは、福山が17歳の時に亡くなった父親の名前。6年8ヶ月ぶりとなる本アルバムを制作してゆく中、自身の父親が他界した年齢に近付いてきた中で「AKIRA」というタイトル曲が生まれ、アルバム全体を貫くテーマとなった。「この曲で僕自身の死生観を描くことで、表現者としてさらなる一歩を踏み出せるのではないか」そんな表現欲求から、自らの精神を救済するかのように生み出された、いわば魂の一曲だ。


「“生”を歌うなら、そこにリアティを持たせるために“死”というものと正面から向き合う作品をつくりたい」
デビュー当時から自身のソングライティングのテーマに対し、そう課題を呈しながらも、人生経験や技法などが「まだそれを表現し得る水準に達していない」と厳しい自己評価を下していた福山。キャリアを積み、年齢を重ね、デビュー30周年の節目を迎えた今、「父との別離について、30年掛かってやっと書き出すことができた。ただ、これで完結するのではなく、この楽曲は僕自身の死生観をさらに深度深く表現する〝始まりの歌″」福山は、タイトル曲・アルバム全体に込めた想いをそう語る。


これまでにも、祖母との思い出を綴った「蜜柑色の夏休み」や「道標」など、家族を描いた作品は存在していた。死生観という意味では、「群青~ultramarine~」や「幸福論」、また「家族になろうよ」といった楽曲群にもその断片は表現されてきている。更には、被爆クスノキをモチーフとした「クスノキ」では、長崎出身・被爆二世としてのルーツ、アイデンティティー、平和への希求を楽曲に昇華。被爆樹木を治療するクスノキ基金を立ち上げた他、同曲をアジア近隣諸国公演でパフォーマンスしたことは、エンターテインメントの一つの到達点でもあった。


そのように、「クスノキ」が収録されている前オリジナルアルバム『HUMAN』においても、人間の存在について深く掘り下げてられているが、それでも「まだ自分の描きたい対象との距離感があった」と本人は振り返る。今作は前作よりも自身の表現欲求に深く踏み込み、17歳の頃に体験した父親の死と真正面から向き合い、脈々と流れ受け継がれてゆく〝血″を直視。「〝死生観を描く″ということにフォーカスを絞り、焦点をハッキリさせたい」と覚悟を決めた30周年を迎えたシンガーソングライター福山雅治が踏み出す、新たな表現の始まりの一歩がこのアルバムだ。


とはいえ、アルバムが重く暗いトーンかと言うと、決してそうではない。死そのものだけでなく、死を見つめることで浮き彫りになる生、その両極の間を時に激しく、時に優しく繋ぐ人生の様々な場面・想いを描いた、彩り豊かな作品に仕上がっている。


尚、アルバムタイトルに込められた想いについては、10月24日(土)のレギュラーラジオ「福のラジオ」(JFN38局ネット 毎週土曜14:00~14:55)、「地底人ラジオ」(渋谷のラジオ他全国17局ネット 22:00~23:30)にて、福山本人からより深く語られる予定だ。


加えて、12月27日(日)にはアルバム収録曲全てをパフォーマンスする、自身初のオンラインライブ「FUKUYAMA MASAHARU 30th Anniv. ALBUM LIVE」を実施することも決定。「逢えなくても、人と人とが繋がることの大切さ、嬉しさ」をファンと分かち合い、希望を感じられるような1年の締め括りにできれば…その切なる願いの下、「予想は裏切るが、期待を裏切らない新たなクリエイティブ」を目指し、オンラインライブの準備を進めていくという。10月28日(水)からは、アーティストオンラインショップ「アスマート」にて本公演のオリジナルグッズの販売開始が予定されている。尚、チケットの販売方法などの詳細は追って発表される。


■ライブ情報
ライブタイトル:「FUKUYAMA MASAHARU 30th Anniv. ALBUM LIVE」
公演日時:2020年12月27日(日)

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ