“できるライブ”より“やりたいライブ” 山本彩、無観客ツアーファイナルを語る

音楽 公開日:2020/10/12 5
この記事を
クリップ

中止を余儀なくされた全国ツアー「山本彩 LIVE TOUR 2020 ~α~」が、無観客配信ライブとして復活。山本彩自身に、8月、LINE CUBE SHIBUYAで敢行したツアーファイナルにかけた思いや、コロナ禍で思ったこと、さらには新曲についてもたっぷりと語ってもらった。


―ツアーファイナルを無観客配信で行うと決まったとき、どう思われましたか?

素直に嬉しかったです。コロナでライブツアーを中止したことはしかたないのですが、やはり悔しかったですし、この先またライブがいつできるか分からず不安でしたから。ファイナルという、けじめをつけることができたのもいいなと思いました。

ライブ前にバンドメンバーと集まってリハーサルをしたのですが、もうそのときから楽しくて。メンバーのみんなもすごくテンションが高くて(笑)、一緒に音を鳴らせる喜びを感じました。


―ライブをした感想を聞かせていただけますか?

ライブができない期間はずっと制作をしていたこともあり、内にこもる”引きこもり”みたいな状態で。その反動もあって、「ライブっていいな」とつくづく感じましたし、私にはなくてはならない存在だと実感しました。

ライブ中に後ろを振り返るとバンドメンバーが私を見守ってくれていたのも、心強かったです。皆の顔を見ると、緊張が解けたり、「よし、もっと頑張ろう」って思えた。ずっと同じメンバーでツアーをやってきたので、単なるサポートメンバーではなく、音楽を一緒にやる仲間だなって改めて思うことができました。


―通常のライブと無観客では、どのような違いを感じましたか?

通常のライブでは、遠くて来られない方もいたり、ライブハウスなどでやると見えにくいという人もいると思うんです。ですが、配信ライブはどんな方も見ていただけるところがいいなと思いましたし、映像を通してライブの空気感が伝わるよう、お客さんがいなくても熱のこもったライブをしようと心がけました。また、いつも私を応援してくださる皆さんに、一番最初に届けたかったので新曲も初披露しました。

ライブでは、観てくださる皆さんに協力していただいて、会場に歓声や声援が届く仕組みになっていたのですが、それがあることで、より生=ライブを創ることができたと思います。あの声があったおかげで、なんというか……自分としては普段のライブをやる感覚でできたのが何よりでした。


―無観客だからこそ声援があると心強かったのでは?

はい、それはもう。声があるのとないのとでは全然違います。客席には1つひとつレイブバンドを置いてもらっていたので、それがあのライブならではの照明みたいな役割も果たしてくれて。ステージからは、星空みたいな幻想的な空間が広がっていてめちゃめちゃきれいでした。あの明かり1つひとつが、ファンの皆さんとつながっていると思うと、心があったかくなりました。


―セットリストについて伺います。1曲目『イチリンソウ』を歌い出すときは、かなり緊張されていましたか?

ばれましたか(照れ・笑)。リハーサルではそんなことなかったのですが、いざ本番となると緊張しましたね。衣装を着て、いざこれからというときに、周りの空気もきゅっと引き締まったので。1曲目に『イチリンソウ』を選んだのは、自分がアーティストとして第一歩を踏み出した、スタートの曲だと感じているからです。

今回は、ツアーファイナルということで、ツアーであえて披露してきたセットリストと大きく変えることはしませんでした。これまでのツアーでは、中盤から徐々に盛り上がる曲を演奏することが多かったのですが、今回は序盤から飛ばしているので結構、大変なんですよ(笑)。


―急にテンションを高めるのは難しそうですね?

ええ(苦笑)。喉もすぐに温まるわけではないですし、後半にバテてしまっては意味がない。自分の中でエネルギッシュなパフォーマンスをしながらも、最後まで突っ走れるようなペース配分を考えながら、パフォーマンスしていきました。いい勉強になりましたね。


―ダンスパフォーマンスなど、チャレンジが多いセットリストだったのでは?

そう感じていただけたら嬉しいです。ダンスを披露した楽曲は、自分にとって音楽的にも新しい取り組みだったので、新鮮に感じているファンの方々に「こんな感じで楽しんでもらえたらいいな」という、私からの提案のような意味もありました。

こういったダンス曲を含め、チャレンジの楽曲は今後のライブでいろいろと遊べる可能性を秘めていると思うので、今後がますます楽しみになりました。


―モニターに映し出されたシルエットと一緒にダンスするような演出は、とても素敵だなと思いました。かなり練習を重ねましたか?

しばらく踊っていなかったので、ちょっと戸惑いましたね(笑)。シルエットの映像も事前に撮った自分なのですが、ツアーが始まる前に収録したときに、いざ踊ってみたら膝ががくがくでした(笑)。なので、ツアーでもダンスは一番心配なところではありました(笑)。

ですが、自分が安定して“できるライブ”をやるより、自分が“やりたいライブ”“挑戦するライブ”のほうが成長できると思うんです。だから、大変だとわかっていても楽な道は選ばず、挑戦することにしました。


―ダンスに挑戦する一方で、アコースティックとエレキギターもたくさん演奏されていましたね?

結果的にそうなりました。エレキギターは特に何本も用意したので、「持ち替えが多い」って指摘されたりして(笑)。「あの曲もやりたい」「この曲も聴いてほしい」と思うとつい。

映像だとどんなギターを使っているかも分かりやすいと思うので、そういう点も楽器が好きな人、ご自分で演奏する人に注目していただきたいです。


―衣装に関してもこだわりを感じましたが、ご自分でデザインしたのですか?

今回は、ほぼすべてにおいて私の思いを形にしました。最初の白い衣装は『イチリンソウ』のイメージです。あの楽曲は凛としたピュアなイメージがあると思ったので、それが出るような真っ白で、直線的でストンとしたシルエットの衣装にしたいと思いました。

ダンスパートで着たシースルーのパンツスーツは、動きがあるところでシアーな素材を使ったら光がキラキラと反射して映えるんじゃないかと思ったからです。

デニム素材のドレスは、まず私がデニムが大好きだから使ってみたくて。それに、デニムって中性的な素材だと思うので、ドレスにしてもかわいくなりすぎないところもいいなと。どんな楽曲にも違和感ないなと思ったので作っていただきました。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ