瑛人×yama 加藤ミリヤ『Love Forever』をカバー、川谷絵音がプロデュース

音楽 公開日:2020/10/07 4
この記事を
クリップ

11月29日(日)に15周年イヤーを記念した約10年ぶりの日本武道館公演『加藤ミリヤ 15th Anniversary MILIYAH BUDOKAN 2020』開催を予定している加藤ミリヤ。

そんな加藤ミリヤの15周年イヤーを祝い、10月28日(水)には豪華なアーティストが参加することが話題の初のトリビュートアルバム『INSPIRE』と11月25日(水)には初のカバーアルバムの2つのプロダクツのリリースが発表されているが、注目のトリビュートアルバムに参加する第3弾アーティストと収録される全楽曲が発表された。


【関連】加藤ミリヤ、3年ぶりMステ生出演にむけ弾き語り動画をアップ


トリビュートアルバムに参加する第3弾アーティスト発表


第3弾アーティストとして発表されたのは、『香水』でストリーミングチャートを席捲している瑛人、彗星のごとくあらわれ『春を告げる』がバイラルチャート急上昇し中毒性あるボーカルで話題を集めている注目のシンガーyama、そしてプロデューサーとしても高い評価を受ける川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ichikoro、ジェニーハイ)が楽曲プロデュースでアレンジを担当し、加藤ミリヤと清水翔太の名曲ミリショーの『Love Forever』を瑛人×yama(ヤマエイ)としてカバーすることが発表された。


また、10代の多感な心情を歌った人気曲『Lonely Hearts』をYouTubeのカバー動画が3000万回以上も視聴されている春茶が歌唱し参加し、ニュージェネレーションの注目株のアーティストたちの参加も決定した。


『Love Forever(瑛人×yama)』のプロデュースを務めた川谷絵音からは「デビュー15周年おめでとうございます。『Love Forever』という名曲のプロデュースを任せて頂けることを素直に喜べれば良いのですが、やはり責任を感じずにはいられませんでした。しかし瑛人くん、yamaさんに快諾してもらえた時点で責任より高揚感が勝っていました。そこからの作業はあっという間。最後は井上ウニさんによるミックスで最高の作品になりました。こんな刺激的な機会を与えてくれた加藤ミリヤさんには感謝しかありません。15周年作品に関われたことを誇りに思います。」とお祝いコメントが届いた。


“ヤマエイ”として歌唱に参加した瑛人からも「デビュー15周年おめでとうございます!アルバムに参加させていただき、ありがとうございます!」とお祝いの言葉と、「川谷絵音さんプロデュースで、yamaさんとコラボで歌うということで、このトリビュートアルバムへのオファーを頂いたときは凄く嬉しく、ワクワクが止まらなかったです。実際に唄ってみてレコーディング中も終始ノリノリで歌わせて頂きました。完成した物を聴かせて頂いて、皆イイ感じにマッチしたなあと思いました。特にyamaさんのカッコイイ声など素晴らしかったです。ちょうど僕がこのLove Foreverをレコーディングしたスタジオが、当時ミリショーの御二人が実際に収録したスタジオと一緒だったことがわかり、この不思議な縁にとてもびっくりしています。良ければミリショーのver.と、ヤマエイ(yamaさんと瑛人)のver.両方聞いてもらって好きになってもらえたら嬉しいです。」と今回の奇跡のコラボレーションを受けてのメッセージを寄せた。


さらに瑛人と同じく歌唱を務めたyamaも「デビュー15周年おめでとうございます。このような大切な節目にアルバム参加という形でお祝いすることができ光栄に思います。誰もが1度は耳にしたことがあるような有名な曲をカバーさせて頂くことになり恐縮です。今回は川谷絵音さんアレンジのもと、瑛人さんとカバーをさせていただくことになり、原曲の良さを残しつつも一味違った仕上がりになっていると思います。自分と瑛人さんの声質が少し似ているためか、ユニゾン部分では綺麗に重なって一体感が出ているように感じました。ラスサビ後の『あの日君がくれた夢の欠片』からのアレンジがとても格好良くて、畳み掛けるようなピアノとフィルターのかかったボーカルがエモーショナルな気持ちにさせてくれます。聴いた後も余韻が残るような終わり方も素敵でした。最初から最後までお楽しみ頂ければ幸いです。」と“ヤマエイ”バージョンの『Love Forever(瑛人×yama)』の完成に自信をみせた。


さらに、すでに発表されている豪華アーティストたちの歌唱楽曲も発表され、LiSAは、愛されたい思いと裏腹な恋愛に苛立ちをぶつけるパワフルな楽曲『WHY』を、アイナ・ジ・エンドは時に孤独に感じる人生の虚無感を歌った『20-CRY-』を歌唱する。


YOASOBIのikura(Vo)としても活躍する幾田りらは、ミリヤの着うた時代の名曲『Aitai』を今のストリーミング時代にぴったりの新しいアレンジでよみがえらせる。


加藤ミリヤの象徴的な赤いリップを歌った『リップスティック』を中島美嘉が、先立たれた父を想って母の目線で描いた私的で感動的なバラード『愛が降る』を仲宗根泉 (HY) 、未完成な部分を認めながら聴く者の背中を押す強いメッセージを内包した楽曲『勇者たち』をAI、また『Aitai』にも匹敵する失恋の悲しみを歌った人気曲『Last Love』を阿部真央という歌姫たちがそれぞれの素晴らしい歌声で歌唱する。


そして、ひとりひとりの個性こそ美しいと歌ったダンスナンバー『UNIQUE』を青山テルマ、聴くと思わず踊りたくなるアップナンバー『HEART BEAT』をKizuna AIが、それぞれ新たなアレンジで息を吹き込み、長年の付き合いになる清水翔太は、加藤ミリヤの初期のアルバム『TOKYO STAR』に収録されているあたたかい知る人ぞ知る『愛は変わらず』を選曲し収録される。


豪華で個性豊かなアーティスト14組が参加した12曲のティザーも公開され、参加アーティストからのコメントとあわせ公開されており、全曲がフルで聴けるアルバムの発売が待ち遠しい。ティザー映像は加藤ミリヤ Official Youtube Channelをチェックしてみよう。


参加アーティストからも続々15周年イヤーをお祝いするコメントが届き、加藤ミリヤファンならずともこの秋注目のアルバムとなった『INSPIRE』。


活躍する14組のアーティストの参加で、新たな加藤ミリヤの魅力があふれるトリビュートアルバムとあわせて、本日10月7日から新曲『WING』も配信がスタートし、11月には初のカバーアルバムとなる『COVERS ?WOMAN & MAN-』も立て続けに発売が決定しており、15周年イヤーのファイナルを飾る11月29日(日)の武道館に向けて、さらに走り抜けていく加藤ミリヤ。


彼女の15年の軌跡が、音楽業界の最前線で活躍する様々なアーティストに祝われながら、なんとも豪華なアルバムとして手に届くのが楽しみだ。


加藤ミリヤ『INSPIRE』収録曲

01.Love Forever / 瑛人×yama (川谷絵音プロデュース)

02.Aitai / 幾田りら 

03.WHY / LiSA

04.HEART BEAT / Kizuna AI

05.Lonely Hearts / 春茶

06.20-CRY- / アイナ・ジ・エンド

07.リップスティック / 中島美嘉

08.愛が降る / 仲宗根泉 (HY)

09.Last Love / 阿部真央

10.勇者たち / AI

11.UNIQUE / 青山テルマ

12.愛は変わらず / 清水翔太



次ページ⇒トリビュート参加アーティストからコメント到着


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 18件)