Kis-My-Ft2 東京ドーム初の無観客生配信ライブ開催、笑顔のファンと大合唱が実現

音楽 公開日:2020/10/05 9
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2が、10月3日、4日の2日間にわたり、東京ドーム初となる無観客生配信ライブを行った。


4月より9thアルバム『To-y2』を引っ提げ、5都市13公演で開催予定だった5大ドームツアー『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2020 To-y2』が全公演中止となるなか、「なんとか、皆さんにライブパフォーマンスをお届けしたい」と願うメンバーの思いがこの公演に繋がった






今回は、Kis-My-Ft2が生み出す「音楽=おもちゃ」を使って一緒に遊び、幸福・感動を分かち合い、人生を豊かに彩ろうというアルバム『To-y2』のピースフルなコンセプトをベースに構成したライブ。ステージセットは、キューブ型のブロックやロケット、ロボットなど、まさにワクワクするおもちゃのモチーフで彩られた。そして、ゴンドラに乗って7人が現れると、北山宏光の「盛り上がっていこうぜ!」の声とともに『Cannonball』でスタート。最初のあいさつでは、「離れてもきっと思いはつながると信じています!」と藤ヶ谷太輔が画面の向こうに呼びかけた。


序盤から『To-y2』の収録曲やシングル曲『HANDS UP』、『Mr.FRESH』など勢いのある楽曲がつづき、激しいダンスで畳みかける。千賀健永が振り付けを担当した『COUNT 7EVEN』や、キスマイのライブの恒例でもあるド派手な特効を生かした『MAHARAJA』など、パワフルなステージで楽しませた。


アルバム『To-y2』の特典映像の「キスマイリアルすごろく」で、「次のライブで目立てる権利を獲得した」宮田俊哉は、本ライブで歌いたい大好きな楽曲2曲をセレクト。2曲のうち披露する1曲を決定するアンケートを配信開始1時間前から行うなど、参加型の企画も盛りだくさん。


新しい門出に立つすべての方々に贈る温かな曲『種』では、新たな試みに挑戦。事前に募集した合唱動画がメインステージのLEDモニターに映し出され、キスマイメンバーと笑顔のファンたちの大合唱が実現。ドームに多くの人の思いが集まり、温かな空間が出来上がった。


そして、アンコールはなんと東京ドームに隣接する東京ドームホテルの屋上へ移動。この場所でライブパフォーマンスをするのはKis-My-Ft2が史上初の試みという。地上155メートルからライブ初披露となる最新シングル『ENDLESS SUMMER』を歌った7人。


約2時間にわたり同じ時間、同じ思いを共有し合った幸せなライブは、10年目を迎えたKis-My-Ft2をさらに勢いづける公演になった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)