“脱皮したI Don't Like Mondays.を”自粛期間で生まれた彼らの「裏切り」

多くの芸能人がその音楽性に取りつかれ、ファンを公言することから、「今、芸能人の間で人気のあるバンド」として知られるI Don't Like Mondays.(IDLMs.)。そんなIDLMs.が現在打ち出している、5ヶ月連続新曲リリースの第2弾『MR.CLEVER』の配信を開始した。斬新かつキャッチーで新たな試みの感じられるこの『MR.CLEVER』制作舞台裏に迫るべく、I Don't Like Mondays.を直撃。


――まずは9月23日に『MR.CLEVER』配信リリース開始おめでとうございます。

IDLMs.:ありがとうございます。


――『MR.CLEVER』は5か月連続デジタルSG配信の2作目となりますが、かなり新境地の楽曲が生まれましたね。今回、素晴らしくキックもパワフルでミックスダウンの具合もかなりクラブサウンドやEDMに寄せてこられたのかなという印象を受けますが、制作やレコーディングはどのように進められたのでしょうか。

YU:この『MR.CLEVER』は3月頃制作がスタートして、「2020年のI Don't Like Mondays.を象徴できるような楽曲を1曲作ろう」と試行錯誤して作った楽曲です。制作段階では、トラックだけでも10~20くらいのパターンを作りましたし、メロディーも様々なパターンを用意しました。その中から選りすぐりのものが、今のトラックとメロディーです。


――今回はラップという新たな試みもありますがどのような経緯で?

YU:Bメロのセクションでラップをする部分があったりしますが、これも初めのトラック制作では無かったアイデアです。このまま“ツルっと”サビまで行っちゃっても、なんか僕らの性格っぽくないなと(笑)。こういうところで「裏切っていく」のが僕らっぽいよねという、「裏切りセクション」です。


――プロデューサーにSTYさんを迎えるという構想はどの段階から生まれたものなのでしょうか。

YU:ある程度まで楽曲制作が進んだ段階で、「このまま行っても、僕らの想像と変わらない」「もう一変化欲しい」「もっと行きたいね!」という思いが強くなり、改めてプロデューサーさんを迎え、「新たな化学反応が見たい」、「僕らだけじゃ見られない景色を見たい」という好奇心を満たすためにも、STYさんが相応しいんじゃないかとメンバーと話し合いオファーさせて頂きました。


――数ある音楽プロデューサーの中からSTYさんにお願いすることになった経緯も教えてください。

SHUKI:僕らのやろうとしていることも、超メジャーシーンにあるものをそのままというものではなく、そこに無いものを、新しいものを生み出していきたいという強い思いがあり、それでも「メジャーシーンに通用するものを」という考えがあったので、過去に同じようなビジョンでヒットを飛ばしている方という方向性で検討し、真っ先にSTYさんの名前があがりました。STYさんが個人でやられている楽曲制作の方向性も、僕らと親和性が高いなと感じていたので、単純に「趣味趣向が近そうだな」という部分もありました。以前に僕らのライブを個人的に見に来てくださっていたということもあり、オファーを引き受けてもらえるのではという思いもありました(笑)。

CHOJI:STYさんとの楽曲はコラボや競作というイメージより、「フュージョン」(基調の違う音楽の組み合わせ)に近かったですね。

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 31件)