上白石萌音 “音楽が好きで好きで堪らない”、初のオンラインライヴで伸びやかな歌声披露

音楽 公開日:2020/09/20 61
この記事を
クリップ

上白石萌音が9月19日、初のオンラインライヴ「i note」を開催した。



ライヴはアルバム『note』の1曲目でもある『白い泥』からスタート。冒頭アカペラで力強く歌い出し、軽快なバンドサウンドと共に“嬉しくてたまらない”といった表情で伸びやかに歌う。すぐに上白石の魅力に引き込まれていく。ワンマンライヴは約3年ぶり。オンラインとはいえ、ファンに直接歌を届けられるこの日をいかに待ち望んでいたかが伝わってくる。



このライヴは先月リリースされたアルバム『note』に収録される曲を中心に構成され、そのアルバムは楽曲提供アーティストが豪華なことで話題となっていた。オリコンWeeklyチャートで3位を記録するなどチャートの面でも好評価を得るが、彼女の持つ魅力は、素朴で温かみのある歌声が個性豊かな楽曲たちに寄り添って変化し、時にノスタルジックに、時にパワフルに「上白石萌音」という声を通して自然とひとつに纏めていけるところだ。女優業での活躍が目覚ましいだけに、歌手としての活動に関しては、ただの「女優の歌手活動」と誤解を受けることがあるかもしれない。しかしこのライヴは音楽が好きで好きで堪らない、歌手としての上白石が、楽曲の魅力を最大限に表現する才能を存分に発揮したものとなった。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ