上白石萌歌、透明感ある歌声がCMで話題となった楽曲に「adieu」として向き合う強い意志

音楽 公開日:2020/09/11 3
この記事を
クリップ

映画、舞台、ドラマ、CMなどで今最も注目が集まっている女優、上白石萌歌が「キリン 午後の紅茶」CMシリーズで歌唱し、その透明感のある歌声が話題となったが、そのCMで歌唱した「楓」をリアレンジカヴァーして彼女の音楽活動名義でもあるadieuとして9/23に配信することが発表された。

【関連】上白石萌歌「長年の夢でした」 “憧れの人”との舞台に喜び


「キリン 午後の紅茶」CMでは『やさしい気持ち』、『楓』、『366日』を歌唱しており、本人は「午後の紅茶のCMは、ひとつひとつが作品のようだったなと感じます。上質な映像と上質な音楽。毎回どんな歌を歌わせていただくのだろうと胸を躍らせていました。歌わせていただいた曲のすべては今でも宝物のように大切で、私の原点のような気もします。CM当時は俳優として、お芝居の延長線上で歌を歌わせていただきましたが、今回はadieuとして、新たな挑戦という意味でリアレンジさせていただきました。」と楽曲への想いを語った。今後の配信については現時点で配信日未定となっており、準備が整い次第配信を発表していく予定だ。


第一弾となる『楓』は自身の音楽ルーツでもあるスピッツの『楓』。マンドリンのリフから始まり、ギターやドラムもアコースティックテイスト溢れるアレンジ、そして幻想的なadieuのコーラスワークが印象的なリアレンジカヴァーとなっており、3年前の自身歌唱の『楓』とadieuとしての『楓』を聴き比べるのも楽しみとなる一曲に仕上がっている。


このタイミングで何故リアレンジカヴァー配信をしようと思ったのか問うと「コロナ禍の中で、音楽について、エンターテイメントについてなど、さまざまなことに思いを巡らせる機会があり、なにかアーティストとして出来ることはないかと考えていました。そんな中、以前CMで歌唱し沢山の反響をいただいていた曲の数々のことを思い出しました。あれから数年経ち音楽活動を本格的に始動させた今、もう一度あの素晴らしい楽曲たちにadieuとして向き合ってみたいと感じました。偉大なるアーティストの方々の力をお借りし、みなさまの心の灯りになれるような、そんな歌を目指してリアレンジさせていただきました。この状況下で、私自身、音楽の持つ力の大きさに改めて気づかされました。私も音楽を通じてエネルギーを届けることのできる存在になれたらと、心から思います。」と話すアーティストadieuの強い意志を感じるからこそ、本作が現代の人々の心を癒し、勇気づけることに期待せずにはいられない。


 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)