蘭華、ニューシングルより中村哲医師へ捧げた鎮魂歌 MV公開

音楽 公開日:2020/09/04 4
この記事を
クリップ

1stアルバム『東京恋文』で、第58回 日本レコード大賞企画賞を受賞したシンガーソングライター蘭華が、2ndアルバム『悲しみにつかれたら』以来、2年ぶりとなる待望のニューシングル『ねがいうた/愛を耕す人』を10/7(水)に徳間ジャパンコミュニケーションズより、リリースすることが決定した。


今回のシングルは、ずっと見守り続けてくれた恩師と誓った夢を咲かせたいと願い歌うデビュー曲『ねがいうた』の新録バージョンと、昨年12月4日にアフガニスタンで凶弾に倒れたペシャワール会現地代表の中村哲医師に捧げた『愛を耕す人』の両A面シングル。


社会性のあるテーマと純粋なメッセージが、全国の新聞各紙でも取り上げられ、話題となっている『愛を耕す人』のミュージックビデオが、中村氏の月命日にYouTube徳間ジャパンコミュニケーションズ公式チャンネルで公開された。


アフガニスタンの地域医療や緑化事業に貢献し、荒れ果てた砂漠を緑のオアシスに変え、多くの人々の命を救った中村哲医師の貴重な写真が散りばめられた映像と、讃美歌をイメージさせる壮大なストリングスに導かれたサウンド、緑の大地で感謝と祈りを込めて歌い上げる蘭華の歌声、命の尊さと無償の愛を伝える詩の世界が、心の琴線に触れる素晴らしいリリックビデオが完成した。


<蘭華コメント>

昨年は曲が一曲も書けなかった私ですが、ニュースから流れてきた、遠い異国の地アフガニスタンで、自分の命をも顧みず、多くの人々の命と未来を救った中村哲医師の活動を知り、その功績と生き様、志に感銘を受けて、一日で書き上げた作品です。

こんな素晴らしい活動をされていた方がいらっしゃったこと、平和と発展への願いを繋いで種を蒔き、その人生をかけて愛を耕し続けた中村哲さんの存在をいつまでも忘れてほしくありません。このメッセージが世界中の多くの人達に届きますように。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ