マーティ・フリードマン 衝撃的な和装ジャケ写公開

音楽 公開日:2020/08/31 2
この記事を
クリップ

世界的ギタリストであるマーティ・フリードマンが、最新ヒット曲に加え、不朽の名作をともいえる珠玉の楽曲達を収録したギターカヴァーアルバム『TOKYO JUKEBOX 3』を10月21日に発売することとなった。本作は、前作『TOKYO JUKEBOX 2』から約9年ぶりのリリースとなり、ファン待望の人気ギターカヴァーアルバムシリーズ最新作となる。

収録曲は、TVアニメ『鬼滅の刃』オープニングテーマ LiSA『紅蓮華』や、Official髭男dism『宿命』などの最新ヒット曲に加え、DA PUMP『U.S.A.』や、SEKAI NO OWARI『サザンカ』、『千本桜 feat.初音ミク』、そして90'sの名曲である、ZARD『負けないで』、Every Little Thing『Time goes by』なども収録しており、シリーズ史上最強の楽曲ラインナップが揃った。

アレンジは、良い意味でマーティの変態的かつ超絶テクは健在だが、今作はそれに加えギタリスト・作曲家・プロデューサーといった幅広いキャリアを持つ彼だからこそ表現できる、深みのある内容となっている。中でも、今なおヒットソングとして常に話題を呼んでいる『紅蓮華』は、マーティによって大胆にアレンジされオリエンタルな要素を感じる部分もありながら、世界トップレベルによる次元が違うギターカヴァーとなっており、YouTubeでもギターカヴァー動画をアップしている。



また、今作はジャケット写真もマーティ本人が着物で和装という、今までにないコンセプトとなっており、見て頂くとわかるが、ただの和装ではなく、色使いやメイクに至るまで、マーティなりの解釈での、完全に新しいジャンルのクリエイティブとして成立しているところが凄い。アーティスト写真も、今までのマーティのイメージとは一線を画すビジュアルとなっており、今作への本人の熱量が伺えるものになっているといえよう。


マーティは、独学で日本語を勉強し、アリゾナ州立大学の日本語弁論大会で2位になるほどの日本通としても有名であり、2004年より活動の拠点をアメリカから日本・東京へと移し、2005年からテレビ東京で放送された伝説のロックバラエティー番組『ヘビメタさん』にメインのレギュラー出演者として登場し、日本国内のヘビーメタルファンだけではなくYouTubeを通じて世界のヘビーメタルファンを驚かせた。

さらに、続編レギュラー番組『ROCK FUJIYAMA』は世界各国で話題の番組となり、その後、NHKや民放各局のテレビ番組へ多数出演し、同時期に雑誌と新聞にも連載を持ち、初の執筆書籍「い~じゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た」を出版し、ベストセラーにもなっている。他にも映画『グーグーだって猫である』『デトロイトメタルシティー』『TOO YONG TO DIE』にも出演するなど、ギタリスト・作曲家・プロデューサーだけに留まらず、テレビ・ラジオ・CM・映画など様々な角度でマルチなアーティストとして活動している。

世界最強レベルのギタリストによる渾身のギターカヴァーアルバム『TOKYO JUKEBOX 3』は2020年10月21日(水)発売。

▼Marty Friedman / 紅蓮華 [ギター] ※YouTube


■TOKYO JUKEBOX 3 / MARTY FRIEDMAN
2020年10月21日(水)発売
AVCD-96526
\3,000(税抜)
<収録曲>
1.負けないで
2.千本桜
3.紅蓮華
4.風が吹いている
5.ECHO
6.The Perfect World (feat あるふぁきゅん)
7. U.S.A.
8.宿命
9.行くぜっ!怪盗少女
10.サザンカ
11. Time goes by
12.JAPAN HERITAGE OFFICIAL THEME SONG

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)