やっぱり名曲、Mステでの大塚 愛『プラネタリウム』に反響続々

音楽 公開日:2020/08/22 10
この記事を
クリップ

8月21日(金)にテレビ朝日系で放送された『ミュージックステーション2時間スペシャル』で、大塚 愛が自身の代表曲のひとつであり夏の名曲として知られている『プラネタリウム』を披露した。


「プラネタリウム、長く愛聴していただいて本当にありがとうございます。これからもみなさんの歌としてたくさん歌ってください。」と視聴者に向けて感謝の想いをひと言伝えたあと、スタインウェイのフルコンサートグランドピアノを奏でる大塚 愛。


ピアノとストリングス(カルテット)というシンプルな編成が、美しいメロディと優しく包み込むような歌声をより際立たせ、背景のLEDに映し出される幻想的な星空と歌声に呼応するように打ち上げられる花火が「プラネタリウム」という楽曲の世界観をさらに広げていく。


歌唱中からSNSを中心に大きな反響が沸き起こり、あらためて『プラネタリウム』という楽曲は聴き手の心の琴線を揺さぶる名曲だということを実証することとなった。


尚、大塚 愛は9月5日(土)に毎年恒例のアニバーサリー&バースデーライブ 「LOVE IS BORN ~17th Anniversary 2020~」のオンラインライブ配信とライブ終了後の特別企画「LOVE IS BORN 放課後」を開催することが決定している。大塚 愛のことをよく知っている人も、今回のMステで興味を持ってくれた人も、ぜひ、視聴してみよう。


また、21日から期間限定で最新ベストアルバム『愛am BEST, too』がiTunesなどでプライスオフされる(9月30日迄)。『プラネタリウム』含むヒット曲から隠れた名曲まで、ぜひこの機会に大塚 愛を振り返ってみよう。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ