赤い公園、三浦翔平主演ドラマ『時をかけるバンド』OP&EDに決定

音楽 公開日:2020/08/18 5
この記事を
クリップ

2018年に石野理子をボーカルに迎え、1年後の2019年5月エピックレコードジャパンへの移籍を発表し、新たなスタートを切った赤い公園。2020年1月29日(水)には、2020年1月クール フジテレビ「+Ultra」TVアニメ「空挺ドラゴンズ」エンディング・テーマに起用されたシングル『絶対零度』をリリース。そして2020年4月15日(水)に、新体制として初となる待望のフルアルバム『THE PARK』をリリースした。


そんな赤い公園が、2020年8月19日(水)よりスタートするドラマ『時をかけるバンド』のオープニング&エンディングを担当することが決定した!オープニング楽曲「オレンジ」、エンディング楽曲「pray」、そして本作に登場するガールズバンド「ちゃあはん」が歌う楽曲のアレンジも担当している。このドラマは、フジテレビと中国の動画共有サイトYOUKUとの共同ドラマであり、フジテレビが運営する動画配信サービスFODとYOUKUにて、2020年8月19日(水)12時(中国時間11時)より日中同時配信をスタート、以降、毎週水曜日12時に最新話を配信する。三浦翔平主演、白石聖、長井短、大原優乃出演の時空を超えた音楽ラブストーリーである。加えて、メンバーからのコメントも到着した。


【赤い公園コメント】

楽曲というものについて、ふと、生き物のようだと感じる時があります。一曲一曲が、人を伝い時を越え生きていく姿を信じているからだと思います。

今日のライブが二つと無いように、いつ、誰が、どう鳴らすかというロマンはバンド活動の大きな醍醐味です。

この作品の歌は、赤い公園の曲であり"ちゃあはん"の曲。

お互いバンドで、オリジナルに響かせよう。



【楽曲情報】

赤い公園

「オレンジ」、「pray」

リリース日未定


【ドラマ『時をかけるバンド』 概要】

■タイトル:『時をかけるバンド』

■話数:全10話

■配信:2020年8月19日(水)スタート 毎週水曜日正午(中国時間11時)最新話配信 (予定)

■原案:『追赶时间的乐队 written by 李秀雅』 (C).

■出演:三浦翔平 白石聖 長井短 大原優乃 板垣瑞生 坂東龍汰 渡辺裕之


■スタッフ:エグゼクティブプロデューサー:早川敬之(フジテレビ)、謝穎(YOUKU)/企画:加藤達也(フジテレビ)/

チーフプロデューサー:東康之、木沢基(フジテレビ)/プロデューサー:櫻井雄一(ソケット)/

監督:スミス、椿本慶次郎、戸塚寛人

■制作協力:ソケット

■制作著作:フジテレビジョン


■ドラマ『時をかけるバンド』ストーリー

レコード会社からもクビを宣告され、うだつの上がらない3ピースガールズバンドの前に、突如音楽プロデューサーを名乗る謎の男が現れる。バンドの演奏を見るや、「君たちは120%売れない。売れたいなら、僕がプロデュースしてあげよう」と話しかける謎の男。「なぜ、売れないと決めつけるのか!」と食いかかった彼女たちに言ったのは、「なぜなら未来から来たからだ」という。自称未来からやってきたという、謎だらけのプロデューサーは、ポンコツガールズバンドを導きデビューさせることはできるのか?一風変わった亮の試練に耐えながらも、バンドの結束を深め、もがき、苦しみながらも奮闘していく有希たち!時空を越えて描かれる、ひと夏に起きた青春音楽ラブコメディがここに誕生!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)