THE RAMPAGE、ドラマ『恐怖新聞』主題歌『FEARS』8.19より先行配信スタート

音楽 公開日:2020/08/17 9
この記事を
クリップ

16人組ダンス&ボーカルグループ THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが9月30日(水)に発売するシングルの表題曲『FEARS』の先行配信が8月19日(水)0時よりスタートすることが、本日放送のblock.fm「RMPG DOPE STATION」で発表となった。



8月29日初回放送となる、オトナの土ドラ・初のホラーとなる『恐怖新聞』の主題歌用に書き下ろされたこの楽曲は、イントロから鳴り響く不穏なピアノの音色と共に幕を開け、終始張り詰めた緊張感と共にスリリングに展開するトラックで聴き手の心を掴みダークな世界へといざなう内容に仕上がっている。


歌詞で訴えられるのは「見えない存在への恐怖」。未知の状況下で誰もが心に不安や憂いを抱え、あがき苦しみながらも、明るい未来を願い前を向いて生きていく。現代に生きる人々の心を代弁するかのように、想いを込めたボーカルワークにも注目してみよう。


なお、先週金曜日放送のbayfm「WEEKEND THE RAMPAGE」にて楽曲を解禁した際、SNSでは「イントロから怖い・・・」「恐怖感がすごい」といったドラマに引っ張られたコメントも多かったが、"ある日突然当たり前が消えた瞬間を"や、"逢いたい人にさえ 逢えない現実"など、今の状況ともマッチした歌詞に鳥肌がたった。などという感想があがっていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)