清原果耶 1stシングルMV公開、監督は初主演映画と同じ藤井道人

音楽 公開日:2020/08/11 3
この記事を
クリップ

9月2日(水)に1st Single『今とあの頃の僕ら』のリリース、同月4日(金)には初の主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の公開が控えている清原果耶。


この映画の主題歌であり、現在先行配信を行っている『今とあの頃の僕ら』のMusic Videoが公開となった。


同作の監督は、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』と同じく、『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人が務めた。


映画は清原演じる迷える少女・つばめの不思議な出会いと成長を描いた物語であったが、Music Videoでは映画の5年後という設定で、大学生となった彼女が生まれ育った町に戻り、当時に思いをはせる内容となっている。主人公・つばめが育った街、桃井かおり演じる星ばあと出会った書道教室のビルや共に歩いた河原の土手など、映画と同じロケ地で撮影を実施。清原果耶の透明感あふれる歌声に、藤井道人が贈る新たに撮り下ろされた映像と映画本編の印象的なシーンも散りばめられた感動のミュージックビデオが完成。『今とあの頃の僕ら』CDの初回盤DVDにはこちらのMusic Videoのメイキングも収録されており、撮影の舞台裏を垣間見ることができる貴重な映像となっている。


カップリングを含む全3曲をCoccoがプロデュースを手掛けた1st Single『今とあの頃の僕ら』のリリース、自身初となる主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の公開、来年春にはNHK連続ドラマ小説『おかえりモネ』ヒロインとしての出演を控えるなど、話題の絶えない清原果耶の今後の動向に注目である。


-from 清原果耶-  

「つばめ」のあの頃をなぞる様に進んでいった撮影でした。

映画の本編で訪れたロケ地には

懐かしい、だけではない空気が流れていて

去年の夏のクランクインから1年。長いようで短い時間が過ぎてしまったことに、心寂しさを覚えました。

映画でもご一緒させて頂いた藤井監督やスタッフの皆さまのお力をお借りして、丁寧に紡いだ大切な作品です。

映画と合わせて、お楽しみ頂ければと思います。


-from 藤井道人-

清原果耶さんの「今」を切り取ることができて光栄です。

本作は映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」の5年後の世界を描いています。

映画だけではなく、MVという形でまた再び、映画の主人公である「つばめ」を描けたことも、僕にとっては貴重な体験でした。

誰かにとっての大切な思い出に、そっと寄り添える作品になっていると思います。映画を観た後にも是非ご覧下さい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ