DISH//『猫』MV第二弾公開、ファンにとって大切な「紙皿」で世界観を表現

音楽 公開日:2020/07/31 1
この記事を
クリップ

北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(cho/G)、橘柊生(DJ/Key)泉大智(Dr)の4人で構成されたダンスロックバンドDISH//が4月29日に配信した楽曲『猫 ~THE FIRST TAKE ver.~』の、TikTokとコラボレーションしたミュージックビデオ第二弾が公開。


同曲は配信から約3か月で、ストリーミング再生回数が累計3,500万回、さらにオリジナルバージョンの『猫』も合算すると6,000万回再生を突破(レコード会社調べ)している大ヒットナンバー。


楽曲ヒットの要因ともなった、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で現在公開中のDISH//(北村匠海)の『猫』歌唱映像はすでに3,400万回を記録(7/30時点)しているが、この楽曲の公式MVは制作されておらず、7月28日(火)に待望の第一弾MVが公開され話題となった。


6月2日から19日まで実施されたDISH//とショートムービープラットフォームTikTokとのコラボレーションキャンペーン「#あなたもMVクリエイター」チャレンジで見事優秀者に選ばれた3名のクリエイターの作品を原案とし、、一つの価値観に捉われず様々な視点で同曲を楽しんでもらえればという意図のもと、1名につき1作品、計3本のバリエーションに富んだMVを制作。


先に公開された第一弾MV「Line Art」編に続き、今回公開された「Paper Dish」編はDISH//ファン(スラッシャー)にもなじみのある「紙皿」やフィルムを用い、抜群のアイデア力とオリジナリティあふれるクラフトワークで楽曲『猫』のストーリーを展開。TikTokに投稿された時点でファンからも多く反応があっただけに、公開後の反響が楽しみだ。


なお、今回の『猫 ~THE FIRST TAKE ver.~』公式MV公開にむけ、DISH//メンバーは「発想やストーリー性など、それぞれの解釈でどう捉えているかをしっかり表現されていて、本当にびっくりしました。3人のクリエイターの方による色彩の鮮やかさやちょっと切ない感じの作品を通して、少しでもそのクリエイティブなところに触れられて嬉しかったです。是非たくさんの方に見てもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せている。


残る第三弾「Watercolor」編は近日公開予定。水彩画で構成され、繊細かつ美麗な描写で、女性を花に置き換え、男性目線での「別れ」を表現している作品となっている。乞うご期待。



<受賞作品およびクリエイター、コメント>

「Paper Dish」編

クリエイター:Uせんせい

受賞コメント:今回は公式MVクリエイターに選んで頂き本当にありがとうございます。DISH//は名前にちなんでライブで紙皿を投げるパフォーマンスなどをしていることから、紙皿をつかって曲の世界観を表現してみました。DISH//にとってもファンにとっても紙皿は大切なものの1つだと感じていますし、また同じように大切に歌われてきた『猫』のMVとして選んで頂けたことを光栄に思います。そんな自分にとって宝物のようなMVを通して、更にたくさんの方々に曲を届けるお手伝いができたら嬉しいです。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ