Cocco、清原果耶との“作業”で「興奮を抑えられず、一人泣き出してしまった」

音楽 公開日:2020/07/22 6
この記事を
クリップ

先日、自身初となる主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の主題歌『今とあの頃の僕ら』を自ら歌唱し、1st Singleとして9月2日にリリースすることを発表した清原果耶。同楽曲のティザー映像がYouTubeにて公開され、さらに同作品のカップリング曲や、初回限定盤付属のDVDの収録内容等の詳細が発表となった。

本日公開となった『今とあの頃の僕ら』ティザー映像は、清原が青・白・黄色という3着のワンピースをまとい、木々の緑と空の青さが美しい自然の中で撮影された今作のアートワーク時の映像に乗せ、楽曲の一部が発売に先駆けいち早く聞くことができる。


また、タイトル曲の作詞・作曲・プロデュースをCoccoが手掛けていることは先日発表となっていたが、カップリング曲として収録される『スキップ』、『君に見せる景色』を含め収録される全3曲がCoccoプロデュースであることも合わせて発表となった。これまで楽曲提供をすることはあったが、デビュー23年を迎え初めて他のアーティストのプロデュースを担当したCocco。現在も圧倒的な存在感で輝き続ける“ダークサイドクイーン”のプロデュースワークに注目である。

そんな聴きどころ満載の1st Single『今とあの頃の僕ら』初回限定盤は、清原の様々な表情をふんだんに収めた32ページにも及ぶ豪華フォトブックが付属された紙ジャケット仕様で、すでに発表済みの初回限定盤付属のDVDには『今とあの頃の僕ら』Music Videoの他、Making Movieも追加収録されることとなった。Coccoとのやりとりを含むレコーディングスタジオでの映像や、ジャケット写真・ミュージックビデオの撮影メイキングなど貴重な映像をたっぷり収録している。その他、店舗別オリジナル特典となるポストカードの絵柄も公開となっているので、詳細は清原果耶ビクターオフィシャルサイトまで。

初の主演映画の公開、1st Singleのリリースに続き、来年春にはNHK連続ドラマ小説『おかえりモネ』ヒロインとしての出演が控えており、清原果耶の今後の動向に期待である。

- From Cocco -

実際に会った清原果耶は、驚くほどの素直さと穏やかな強さ、眩しい輝きと、その奥に大切に守られた、若く美しい闇を湛えていました。曲のキーやテンポを決める作業すら、まるで宝探しようで、私はその興奮を抑えられず、一人泣き出してしまったほど。包み隠さず、何もごまかすことなく放たれる彼女の歌声は、可愛くて尊いほどで、丁寧に真摯に、詞や旋律を探求するという感動も、教えてもらいました。これまで沢山の奇跡のような出会いに導かれ、歩んできた私自身の音楽人生を改めて振り返りつつ、“プロデュース”なんておこがましい限りですが、支えてくれた関係者の皆さんへ、そして果耶ちゃんへ、心からの感謝を捧げます。



■映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』
9月4日(金)公開
出演:清原果耶 伊藤健太郎 山中崇 水野美紀 醍醐虎汰朗 坂井真紀 吉岡秀隆 桃井かおり


(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会



▼清原果耶過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)