桜井日奈子『TikTok OTODAMA 24時間LIVE』にゲスト出演、宮川大聖らパフォーマンス披露

音楽 公開日:2020/07/20 18
この記事を
クリップ

平井 大はアコースティックギターに乗せて夏を感じさせる『Life goes on』を歌い上げる。希望を感じさせるこの時期にぴったりの前向きなナンバーで励ますようなライブを見せ、その後も『tonight』『僕が君に出来ること』、そしてウクレレで『Slow & Easy』など心に染み入るライブを繰り広げた。


「楽器を持っている瞬間が温もりを感じる時間。」そして、「僕にとっての音楽は生きる糧。音楽が無い人生が僕の中では考えられない」と視聴者に語ると、ファンとコミュニケーションをとることができるTikTokを楽しんでいるようだった。


エネルギッシュなライブで空気を一変させてくれたのは、新世代の人気ラップアーティスト、さなり。『I AM ME』から「踊りましょう、みなさん」とはじまった『Mayday』は緩急つけた構成でその世界に引き込んでゆく。5日にも登場するさなりは、短いながらも『Prince』で優しい余韻を残し、その爪痕を残した。


そして0時台までゲストにまあたそ、しらゆき❄︎、曽田陵介、りかりこ、伊吹&よへさんの二人、新田さちか、kitakazeを迎えたトークが繰り広げられ4日の同フェスは終了。


RUNWAY動画には、伊吹&よへさんの二人、kitakaze、パークマンサー from 軟式globe、旭空汰、谷川菜奈、松田悟志、すみぽん、新田さちか、岩田華怜、ラパルフェ 都留拓也、ひょっこりはん、りかりこ、後藤萌咲、南部 桃伽が参加し、5日へとバトンは繋がれていった。


なお、OTODAMA SEA STUDIOは来年以後も継続できるよう、現在クラウドファンディングを実施している。この景色を絶やさぬよう、その想いもバトンとして繋いでいきたいと感じさせる熱いライブが繰り広げられた一夜であった。


【関連記事】

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)