“稀代の歌い手”伊東歌詞太郎、初の無観客生配信ライブ開催決定

音楽 公開日:2020/07/10 5
この記事を
クリップ

ネット系シンガーソングライターの伊東歌詞太郎が、7月24日に初の配信LIVEを開催することが決定した。  


ネット動画を通じて彼の歌声はたやすく聴くことができる。だが生ライブに行かない限り、彼の歌っている姿を見ることは、無い。お面を付けず歌っているため、自主規制により一切のライブ映像を公開したことが無いからだ。(過去、イベント客演時にお面を付けての歌唱1,2曲が中継された程度)


ただ昨今の情勢を受けて、年間数十本規模で展開していた国内ライブや今年6月に計画していたアジア4ヶ国ツアーも開催できず、ライブを届ける手段としてバンド編成による無観客生配信ライブを選択することとなった。


世界を超え、天空に響かす想いを込めて『Live in Astra』と名付けられた今回の生配信ライブは“稀代の歌い手”と呼ばれる彼の貴重なライブパフォーマンスを視聴する絶好の機会だ。是非チェックしてみよう。


 

<伊東歌詞太郎 無観客配信ワンマンライブ『Live in Astra』>

2020年7月24日(金・祝)19時開演

出演:伊東歌詞太郎

ミュージシャン:yoshi柴田(Gt.)/幡宮航太(Key.)/高間有一(Ba.)/田辺貴広(Dr.)

視聴チケット料金:¥1,500(税込) 


※詳細は公式情報をチェック

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)