ハマる人続出の『梨泰院クラス』V(BTS) の自作曲など収録した日本盤OSTジャケット公開

音楽 公開日:2020/07/06 22
この記事を
クリップ

2020年注目を集める2大韓国ドラマといえば、Netflix独占配信中の『愛の不時着』と『梨泰院クラス』。『愛の不時着』は、ヒョンビン演じる、北朝鮮のエリート将校とソン・イェジン演じる韓国財閥出身のお嬢様が南北の壁を越えて恋に落ちる!?と、そんな驚きのラブ・ストーリーで韓国のみならず、日本中まで恋におちた。


それに対し、『梨泰院クラス』はパク・ソジュン演じる主人公パク・セロイが、ソウル市内の国際色豊かな活気ある繁華街、梨泰院(イテウォン)に居酒屋・タンバムを開き、父の敵である韓国外食チェーン1位の居酒屋「長家(チャンガ)」に挑むという骨太な青春ストーリー。息をつかせない展開の速さ、驚きのどんでん返しの連続で、放送時の韓国でも評価が高かった本作。日本でも、韓国ドラマのメイン視聴者である大人女性のみならず、男性をも魅了している。


その名場面を盛り上げた、オリジナル・サウンドトラックの日本盤が来る8月26日に発売されることがわかった。CD1,2に収録される歌唱楽曲には、パク・セロイが仲間と力を合わせながら困難に立ち向かい、いつか夢を掴むと宣言する、Gahoの『はじまり』や、セロイの父親との絆のテーマ曲として、ベン・フォールズの名曲『Still Fighting It』をイ・チャンソルがカヴァー歌唱するほか、キム・ウソン(The Rose)『You Make Me Back』、若手注目の男性アイドルグループ、VERIVERYの『With Us』そして、主演のパク・ソジュンと過去のドラマ出演をきっかけに親交を深めたV(BTS)の自作曲『Sweet Night』らを収録。CD3,4には、計51曲のBGM楽曲が収められている。



日本盤仕様として、ドラマの場面をふんだんに収録したフルカラーブックレットには、日本語対訳、ハングル歌詞のフリガナを収録。現在CDショップ、webサイトでの予約を受け付け中。梨泰院クラスの誕生と成長の歴史をたどるような音楽世界に是非浸ってほしい。


『梨泰院クラス オリジナル・サウンドトラック』[日本盤]

8月26日(水)発売

定価:¥4,500+税

フルカラーブックレット/ハングル(フリガナ)歌詞・日本語対訳つき(韓国語翻訳:根本理恵)

©2020VLENDING. Licensed by E-MOTION


※本記事は掲載時点の情報です。