今泉佑唯「ここまで暗い役柄は初めて」理想と現実のギャップにもがく

音楽 公開日:2020/07/03 3
この記事を
クリップ

2020年7月2日、俳優の吉村界人が歌う『Tokyo』のミュージックビデオがYoutubeにて公開された。MVには吉村の他、ドラマでの共演歴もある女優の今泉佑唯が出演し、ショートムービー仕立てとなっている。


この曲は吉村界人自身が作詞を担当し、誰もが憧れ、夢を叶える場所とされる「Tokyo」をテーマとし、『「Tokyo」にいる人は「Tokyo」にしがみつくために自分を演じている』という、吉村界人ならではの目線で描かれている。“これは本当の自分なのか”葛藤する日々と、“ここにいることに意味がある”という信じるしかない想いを込めたメッセージ色の強いRAP楽曲だ。

吉村の役柄は舞台俳優の夢を諦めきれず、東京に上京したばかりの若者。演出家に自分の演技を見てもらうため、劇場に向かい、緊張と期待に胸を膨らませるが…

今泉の役柄は東京に上京し、劇団に所属して約3年、最近、主役を演じられるようになってきたがまだ知名度の無い舞台女優。プライドが高く、SNSなどには華やかに東京で過ごす自分しか載せない。理想と現実のギャップに悩まされながらも、今日の演技チェックで演出家に認められれば先が見える、と意気込んでいたが…


【写真】ほかの写真を見る

そして演出家役にはマメ山田を起用。吉村と今泉の演技を厳しくチェックをする。何とか、演出家に認めてもらおうと演技にも熱が入る2人だが、客席にはそんな自分を冷ややかな目で見る自分の姿もある。どこか心の中で「東京にしがみつくために必死な自分」をバカにしていたのだ。そんな2人が最後に決めたこととは…

2020年7月2日のミュージックビデオ公開後には、順次、メイキングもYouTubeにて公開予定。吉村界人編と今泉佑唯編の2本を公開し、ミュージックビデオ撮影の舞台裏や今回の共演に至るまでの話など、見どころのある内容となっている。




<吉村界人 コメント(現場インタビューより抜粋)>
今まで自分の曲でいくつかミュージックビデオを撮ったが、ショートムービーは初めてです。自分が歩いてきた「Tokyo」で今一度、自分の歩んできた道を振り返ってみようと思って制作した楽曲です。

<今泉佑唯 コメント(現場インタビューより抜粋)>
脚本を見たときは、ここまで暗い役柄は初めてで、どう表現したらいいか難しかったです。でもお芝居をしてみると楽しくて、あっという間に終わってしまいました。ぜひたくさん観て欲しいです。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)