sumika、映画『ぐらんぶる』主題歌&挿入歌のデジタル配信リリースが決定

音楽 公開日:2020/07/02 8
この記事を
クリップ

一連のコロナ禍を受け、春から予定していたアリーナツアーが開催見合わせ、5月末にはコロナ禍に対してDress farm 2020のプロジェクトを立ち上げるなどの活動を行ってきたsumikaが、この夏、新曲2曲をデジタル配信のみでリリースすることが決定した。


新曲2曲は、8月7日(金)より公開される、正統派イケメン俳優・竜星涼&犬飼貴丈がすべてを脱ぎ捨てて(!?)W主演する全力脱衣系☆青春グラフィティ、映画『ぐらんぶる』の主題歌、挿入歌となり、主題歌「絶叫セレナーデ」は7月29日(水)に、挿入歌「唯風と太陽」は映画公開日となる8月7日(金)にデジタル配信リリースされ、この超強力エンタメ作品に華を添える。

共に映画の為に書き下ろしされた楽曲となり、現在、映画予告編で一部公開されている主題歌「絶叫セレナーデ」は、夏・海・花火・お祭り騒ぎを感じさせる、“夏ソング”。挿入歌「唯風と太陽」は、胸を締め付けられるようなバラードとなり、映画編集中の監督からの急遽連絡を受け担当することになったエピソードを持つ。


原作『ぐらんぶる』は累計発行部数500万部突破、原作・井上堅二、漫画・吉岡公威のコンビにより講談社「good!アフタヌーン」にて2014年4月から連載中。アニメ化もされた人気コミックながら、登場キャラのあまりの脱ぎっぷりから<主に衣装の面で実写化不可能>といわれてきた異色作。青春×コメディの名手・英勉監督がメガホンを取り、W主演に加えて、ヒロイン役に乃木坂46の与田祐希、さらに朝比奈彩、小倉優香、石川恋、髙嶋政宏ら豪華キャスト陣を迎えて、当初は5月末に公開する予定だったが、コロナ禍を受け延期、遂に8月7日(金)に全国ロードショーとなる。


■映画『ぐらんぶる』

2020年8月7日(金)公開

出演:竜星涼 犬飼貴丈

   与田祐希 朝比奈彩 小倉優香 石川恋 / 髙嶋政宏

原作:井上堅二 漫画・吉岡公威『ぐらんぶる』(講談社アフタヌーンKC刊) 監督:英勉   脚本:英勉 宇田学

主題歌:sumika「絶叫セレナーデ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

製作:映画「ぐらんぶる」製作委員会  制作プロダクション:THEFOOL  配給:ワーナー・ブラザース映画

©井上堅二・吉岡公威/講談社 ©2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

公式サイト:grandblue-movie.jp  Twitter:@grandblue_movie #映画ぐらんぶる 

 

【ストーリー】

国内でも珍しい離島の大学に入った伊織。目標はただひとつ、<キラキラな大学生活>を送ること。しかし入学早々、何故か服も記憶もなく講堂で目覚めてしまうー。やがて同じ境遇に陥った無駄にイケメンなオタク・耕平と共にたどり着いたのは、とあるダイビングサークルで…!?狂暴なクーデレいとこ、どシスコンのお姉さま、エロい先輩、はたまた激ケバギャルも!?神様、僕たちに普通の大学生活を送らせてください―――ヤバすぎるメンバーに囲まれた、伊織と耕平の運命はいかに⁉

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)