「Nizi Project」完結、 “NiziU”誕生に温かいメッセージ溢れる「感動をありがとう」

音楽 公開日:2020/06/26 19
この記事を
クリップ

ソニーミュージックとJYPの開催する合同オーディション・プロジェクト「Nizi Project」が、ついに6月26日(金)のオーディション番組最終回の放送・配信をもって完結した。

9名のデビューメンバー、今後活動するガールズグループ名 “NiziU”、そしてNiziUメンバーの努力の証として、6月30日(火) “プレデビュー” となるデジタル・ミニアルバム『Make you happy』を配信リリースすることが、オーディション番組内で総合プロデューサー J.Y. Park 氏より発表された。




2019年2月、記者会見にて登壇したJ.Y. Park氏より発表され始動した「Nizi Project」。当該プロジェクトはJ.Y. Park氏が描く企業ビジョン “JYP 2.0”のテーマの一つである「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」に基づいたもので、“虹” のようにメンバーそれぞれの個性が様々な色を放つようなガールズグループを発掘・育成、世に輩出することを目的としている。


 「Nizi Project」によるグローバル・オーディションは、2019年7月から8月にかけて、日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10箇所、国籍不問で開催されており、同年9月には1万人を超える応募者の中から26名を選抜、選抜メンバーを東京に集め4泊5日の合宿トレーニングが行われた。


選ばれし26人で臨んだ4泊5日の東京サバイバル合宿では、「ダンス評価」「ボーカル評価」「スター性評価」「SHOWCASE (グループ・パフォーマンス)」が行われ、そこから最終的に14名がネクスト・ステージとなる韓国合宿行きの切符を手にした(うち1名は韓国合宿を辞退)。尚、この一部始終はオンライン動画配信サービス Huluにて『Nizi Project Part 1』と題し配信されている。



一方、韓国合宿は2019年12月末から実施され、その模様の密着取材も敢行。半年間の韓国合宿および最終審査、ガールズグループ誕生までの軌跡を、日本テレビはJ.Y. Park氏の解説付きで楽しめるオーディションバラエティ『虹のかけ橋』で放送、Huluでは『Nizi Project Part 2』として配信中だ。


総合プロデューサーのJ.Y. Park氏ですら「デビューメンバーが何人になるか分からない」と予測不能な展開に虜になる「Nizi Project」ファンが続出、番組放送・配信時Twitterトレンドに「Nizi Project」練習生の名前をはじめ、ミッション・チーム名や「虹プロ」が並ぶのももはや当たり前の光景に。時には番組上のストーリーや発言をきっかけに「キューブさん」「リトルパーク」「全員デビュー」などの派生ワードもTwitterトレンドを彩った。


また4月24日(金)から実施されていた<「虹かけ」ランキング>は、実に累計370万超えの投票数を記録。SNS上では、推しの練習生を「虹かけ」ランキングのTOP 3(虹枠)に入れるべく、応援要請する熱烈なファンの投稿も散見された。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)