SILENT SIREN 無観客生ライブ開催「こういう機会を与えてくれたみんなに感謝」

音楽 公開日:2020/06/21 4
この記事を
クリップ

SILENT SIRENが、バンド結成10周年記念アルバム『mix10th』発売記念 生ライブスペシャルを6月20日、EX THEATER ROPPONGIにて開催した。自身のツアー延期も既に発表されており、サイサイにとって今年初のライブとなった本公演は無観客での開催となった。


オープニングSEからライブは『フジヤマディスコ』で幕開け、『八月の夜』へ。「こんばんはSILENT SIRENです!半年ぶりの今年初ライブ、最後までよろしく!」


ゴールデンボンバー鬼龍院翔による提供曲『聞かせてwow wowを』、ライブの定番曲『天下一品のテーマ』、そして『恋のエスパー』とアッパーなナンバーを立て続けにパフォーマンス。そして中盤では、『HERO』『ALC.Monster』『KAKUMEI』と視聴者の胸を打つエモーショナルな楽曲が披露された。


途中すぅ(Vo./Gt.)はMCで、「去年メットライフドームで開催された『NO GIRL NO CRY』でPoppin’Partyと対バンライブをしました。(彼女たちは)サイサイをライバルであり、仲間として認めてくれました。そんな戦友と一緒に10周年アルバムの曲を作りたい。そして今回「香澄」では無く「愛美」に向けて書いた曲を作って、Poppin’Partyの愛美ちゃんに参加してもらいました。今日は彼女を呼んで初披露したいと思います。」と先日配信リリースされたばかりの『Up To You feat. 愛美 from Poppin’Party』をライブ初披露した。そして続けて『NO GIRL NO CRY』も5人でパフォーマンス。この日のハイライトの一つとなった。


そして最後にすぅはファンに向けて以下のように語った。「サイサイは半年ぶりのライブです。ライブができることはバンドマンにとって生きがいであり、仕事であり、趣味であり・・・ライブができないとスタッフも困る、観ている人も、応援してくれる人も困るってこの半年間でSNSを通じて感じました。その時に私達が誰かの原動力になってると気付かされました。コロナとか想像もしてない時代になったけど、音楽を世に届けられず同じ場所で共有できないことも本当に辛いけど、でもみんな音楽が大好きで求めている。だから音楽をやめない。諦めないこの世界は最高だと思いました。こういう機会を与えてくれた皆んなに感謝したいと思います。」と語ると気持ちを切り替え『チェリボム』を披露しライブは幕を閉じた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ