「Mステ」北村匠海の歌唱でさらに注目、泣ける『猫』が大台到達

音楽 公開日:2020/06/15 7
この記事を
クリップ

北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(cho/G)、橘柊生(DJ/Key)、泉大智(Dr)の4人で構成されたダンスロックバンドDISH//が4月29日(水)に配信した楽曲『猫 ~THE FIRST TAKE ver.~』が、配信から1か月半でストリーミング累計1,000万回再生、さらにオリジナルバージョンの『猫』も合算すると2,000万回再生を突破したことがわかった(レコード会社調べ)。


またこの楽曲のヒットの要因ともなった、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で現在公開中のDISH//(北村匠海)の『猫』歌唱映像も6月14日(日)に2,000万回を記録。「猫」旋風が巻き起こっている。


楽曲『猫』は、2017年にリリースされたシングル『僕たちがやりました』のカップリングとして収録されていた楽曲。作詞作曲を手掛けた、あいみょんは自身のInstagramで「猫、私の大好きな曲!いつも大切に歌ってくれてありがとう、曲作れてよかったと毎回思います。」とコメントしている。ファンには「隠れた名曲」として人気で、DISH//楽曲の中でもサブスクリプションで一番再生されてきた。『猫』についてVo.&Gt.の北村匠海は以前インタビューで「ライブしてきた中で、一番歌っている最中に泣いた数が多い曲」と語っている。


一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて、2017年に自身がリリースした楽曲『猫』(あいみょん作詞作曲)をメンバーアレンジによるアコースティックver.で披露した動画が3月20日(金)公開と同時に話題となり、約1か月で1,000万回を突破。4月29日(水)に『猫 ~THE FIRST TAKE ver.~』として配信スタートすると、LINE MUSICでは5月6日付でウィークリーチャート1位を獲得、さらにSNS上には「泣ける」「毎日聴きに来てしまう」と絶賛の声が相次ぎ、同曲を使った「歌ってみた動画」が日々数多くアップされ続けるなど大ヒット。


勢いは止まることなく、6月2日(火)にはTikTokとのコラボ企画となる同曲の公式MV原案募集キャンペーン「#あなたもMVクリエイター」チャレンジが発表(6月19日まで実施)となったほか、6月3日(水)にはDISH//のメンバーがそれぞれの場所で同曲をパフォーマンスしたものを撮影しそれを重ねて映像化した「THE HOME TAKE」の公開、さらに6月5日(金)にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』にてボーカルの北村匠海が同曲を披露したことでさらに注目が集まり、ついに今回楽曲ストリーミング1,000万回再生、そして「THE FIRST TAKE」での『猫』歌唱映像2,000万回再生の大台に到達した。『猫』ヒットがまだまだ続きそうな勢いを見せている。


また6月19日(金)にメジャーデビュー記念日を迎えるDISH//は、残念ながら全公演中止となった『DISH// Spring Tour 2020 「CIRCLE」』の公演内容を無観客スタジオライブとして有料生配信する。DISH//の“今”を体感できるスタジオライブ特別版をお見逃しなく。


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)