東京女子流 生配信ライブ実施、単独ライブとしては4ヶ月ぶり

音楽 公開日:2020/06/15 6
この記事を
クリップ

ガールズグループ東京女子流が6月13日14日の2日間に渡り、無観客での生配信ライブ「東京女子流 * 生配信ライブ」をSHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて実施した。東京女子流単独ライブとしては、4ヶ月ぶりの実施となる。


今回の開催において、「東京女子流は、2018年よりSHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて定期ライブを開催してきました。2020年も毎月定期ライブの開催を予定しておりましたが、コロナ禍により3月から5月までの期間、既に発表していた公演を延期しております。東京女子流にとってライブは、ただの表現の場というだけでなく、ファンの皆様と気持ちを一つに出来る場として、最も大切にしてきた空間です。ファンの皆様の前で完全な形でのライブを出来る日がいつになるかはまだわかりませんが、たとえ無観客からのスタートとなったとしても、ライブを形にして発信していくことで、一歩ずつ前に進んでいきたいと考えました。そこで、本来であれば定期ライブを発表し開催する予定でありました、6月13日、6月14日に、まずは無観客の生配信ライブを行うことを決定致しました。(一部抜粋)」とオフィシャルサイトに”チーム女子流一同“としてコメント、実施開催に至った。


2日間に渡るライブのセットリストは違うものとなっており、東京女子流の10周年デビュー日である5月5日にリリースされたシングル『Tokyo Girls Journey (EP)』より『Ever After』『薔薇の緊縛』『キミニヲクル』も披露。『キミニヲクル』はメンバーの庄司芽生が『薔薇の緊縛』に続き振り付けを担当、今回がライブでの初披露となった。


メンバーの山邊未夢は「新しい形のライブでした!MCでは、ネット上に投稿していただいたコメントを読んだりと、みんなの熱量も伝わるライブでした!そして、やっぱりライブは楽しい〜〜!観てくれた皆様、有難うございました!」とコメント。ライブができることに喜びを語った。


今回、配信を行ったLINE LIVEでは19日までアーカイブ配信を購入できるので、是非、見逃した方はチェックしてほしい。尚、今後の東京女子流として単独生配信ライブを実施することは未定。次の開催ができるまで楽しみに待っていてほしい。

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)