米津玄師、RADWIMPS 野田洋次郎と最新アルバムでコラボ

音楽 公開日:2020/06/12 7
この記事を
クリップ

米津玄師の8月5日(水)に発売のニューアルバム『STRAY SHEEP』に、RADWIMPS・野田洋次郎とのコラボ楽曲『PLACEBO + 野田洋次郎』が収録されることが決定した。



出会いは2015年11月4日に行われたRADWIMPSの対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」初日公演。ライブ中のMCで「RADWIMPSからはすごく影響を受けている」「クソみたいな高校生だった頃のヒーロー」と話していた米津は、尊敬する先輩と同じステージに立ち、その後親交を深めていった。それから約四年半が経ち、今回、初めて世代を繋ぐ奇跡のコラボレーションが実現した。今回のレコーディングを経て、二人それぞれからは、コメントが到着した。


合わせて、米津玄師、最新のアーティスト写真が公開となった。撮影は、写真家・水谷太郎。眼下に広がる街並みと、大きく広がる空をバックに、やさしい光が差し込んでいる。



<米津玄師 コメント>

高校生の頃にRADWIMPSと出会い、その音楽性に衝撃を受け、虜になった瞬間をついこの間みたいに思い出せます。

2015年に行われた対バンイベントに呼んでいただいたのを機に、今では洋次郎さんと当たり前のように飲みに行ったりくだらない話ができたりしていることが不思議でなりません。

彼の声がこの曲に乗った瞬間の高揚も、あの時の衝撃のようにいつまでも鮮明に思い出せる記憶として僕の中に深く残るでしょう。

先輩いつもありがとうございます。また遊びましょう。

米津玄師


<野田洋次郎 コメント>

今回、楽曲「PLACEBO」に参加させてもらいました。

米津とのレコーディングはとても気持ちのいい時間でした。

最初一緒にやりましょうと声をかけてもらい、楽曲を聴いた時は意外な感じもしました。「この二人がやるとしたら...」という漠然としたイメージが自分の中にもあったんだと思います。でもいざレコーディングを進めていくとこの曲が持つ世界の軽やかさ、危うさがとても心地よかったのです。何より彼の声と自分の声が重なった時、想像を遥かに超えて混じり合い響きあうのを感じ、興奮しました。

米津、声をかけてくれてありがとう。

洋次郎


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)