Stray Kids 日本初シングルが週間ランキング1位、史上4組目の快挙

音楽 公開日:2020/06/09 6
この記事を
クリップ

“次世代No.1ボーイズグループ”Stray Kids(読み:ストレイキッズ)が6月3日(水)にリリースしたJAPAN 1st Single 『TOP -Japanese ver.-』が、オリコンデイリーシングルランキング(6/2付)1位に続き、オリコン週間シングルランキング(6/15付)でも見事1位を獲得した。


Stray Kidsは、2018年3月に韓国でデビューし、異例の「新人賞11冠」を獲得、2019年にはデビューから1年足らずで、アジア・オセアニア・アメリカ・ヨーロッパをまわるワールドツアーを敢行し、全公演ソールドアウト。世界で注目を集める中、今年3月18日にベストアルバム『SKZ2020』(読み:スキズニーゼロニーゼロ)で日本デビューを果たしたばかりの注目の次世代No.1ボーイズグループ。


今作『TOP -Japanese ver.-』のMVは公開直後に、Twitter世界トレンド1位を獲得。アメリカ、カナダ、ドイツ、ロシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなど、世界中の国や地域でSNSを席捲し、ワールドワイドな人気の高さを証明。その後、『TOP -Japanese ver.-』は、LINE MUSICウィークリーランキングで3位を獲得、そして世界ではビルボードワールドデジタルソングランキングでTOP20 に2曲がダブルランクイン(最高位10位『TOP』、17位『SLUMP』)。


そして、日本で初のシングル『TOP -Japanese ver.-』は、オリコンデイリーシングルランキングで念願の1位を獲得し、さらに、オリコン週間シングルランキングでも1位を獲得。海外男性アーティストによる1stシングルの初登場1位は、3年8ヵ月ぶりで、史上4組目の快挙となった。3月の日本デビューから、ますます勢いにのる彼らの活動から目が離せない。


※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ