「ハンサム」が過去曲をリモート再収録、小関裕太「みんなで心を込めて歌いました」

音楽 公開日:2020/05/29 11
この記事を
クリップ

アミューズ所属の若手俳優によるハンサムプロジェクトが、2011年に制作されたオリジナル楽曲『一人じゃないからね~僕らの夢と希望~』の再収録をリモートで行い、5月29日 (金)13時よりハンサム公式YouTubeチャンネルにて配信。


2011年に開催した「SUPER ハンサムLIVE 2011」にてオリジナル楽曲として発表された『一人じゃないからね~僕らの夢と希望~』は、同じくアミューズに所属するロックバンドFLOWのTAKEによる作詞作曲で、ハンサムメンバー自身の思いを詰め込んだ曲として制作された。


~ 一人じゃないからね どんなに離れていてもね 目を閉じれば浮かんでくるよ キミの笑顔は“希望” ~


普段俳優として活躍するメンバーにとって、中々直接感謝の言葉を伝える機会が少ないため、いつも応援してくださるファンへの思いがこのサビの歌詞に詰まっている。


実際にライブでも披露し、愛されてきたこの楽曲を、今の時代にマッチするように、新たにTAKEの手によって歌詞を一部リライト。アレンジも新たに加え、楽曲名を『一人じゃないからね~僕らの夢と希望~2020』とし、新生した。



今回の再収録には、「チーム・ハンサム!」から、石賀和輝、太田将煕、甲斐翔真、小関裕太、鈴木仁、田川隼嗣、富田健太郎、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、松岡広大、溝口琢矢、三船海斗、渡邊圭祐と、今後の映像・演劇界を担う若手メンバー計14人が集結。


メンバー自身らも、舞台の上演や、ドラマ・映画などの撮影延期や中止にならざるを得ない中で、“夢と希望”をもって、この状況を“共に越えていこう”という強い想いを、2020版として改めて詰めこみ届ける。再収録された楽曲に、各メンバーが自宅で撮影した歌唱映像を乗せて、本日13時よりハンサム公式YouTubeチャンネルにて配信されている。


<小関裕太 コメント>

2月に15周年ライブを終えたばかりの僕らは、僕たちに何かできないかとエネルギーに溢れていました。でも何をしたらいいんだろう。全国の皆様に少しでも元気になってもらえるにはどうしたらいいんだろうと、今回の参加メンバー全員でリモート会議をしながら話し合っていました。そんな時に上がったのが、ハンサムの持ち曲『一人じゃないからね』。「一人じゃないからね、どんなに離れていてもね、目を閉じれば浮かんでくるよ、キミの笑顔は"希望"」と、まさにこの時期の不安な心に手を差し伸べてくれる歌詞でした。さらに今回歌詞を作詞のTAKEさんが、少しこの時期に合わせてくださり、より一層僕らの想いも強くなりました。例えば「慌ただしい日々の中でも」を「寂しさに打ちのめされても」など。皆様の家にこもる時間の中でどうか「寂しさに打ちのめされないように」、そしてまた笑顔で会えますように、みんなで心を込めて歌いました。お聴きください。


■「一人じゃないからね~僕らの夢と希望~2020」概要

配信日時:2020年5月29(金)13:00から
コンテンツ先:チーム・ハンサム!公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/HANDSOMELIVEchannel


▼15周年ライブレポートはこちら


※本記事は掲載時点の情報です。