BTS、米ビルボード13週連続メインアルバムチャートイン

音楽 公開日:2020/05/28 7
この記事を
クリップ

BTSがビルボードメインアルバムチャートで13週連続上位になり、世界的人気を誇った。

27日(現地時間)アメリカ音楽専門媒体ビルボードが発表した最新チャート(5月30日付)によるとBTSが2月21日に発売した4thアルバム『MAP OF THE SOUL: 7』は’ビルボード200’で50位を記録した。3月7日付チャートで1位でチャートインした以来、大きな変動なく上位でロングヒットを続けている。


『MAP OF THE SOUL: 7』は’ワールドアルバム’チャートでも首位を獲得、ほかにも’テイストメーカーアルバム’3位、’インディペンデントアルバム’5位、’トップアルバムセールス’8位、’トップカレントアルバムセールス’8位、’ビルボードカナディアンアルバム’59位などに入った。


さらにアルバム収録曲の「Filter」と「Inner Child」は’ワールドデジタルソングセールス’チャートでそれぞれ7位と17位を記録した。

2018年8月発売した『LOVE YOURSELF結 'Answer'』も’ビルボード200’チャートで174位になった。

さらにBTSは’ソーシャル50’チャートで150週連続、180回目の不動の1位を獲得し、続いている最長・最多新記録でグローバル旋風を続けている。


写真提供:Big Hit Entertainment

<商品情報>

■BTS『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』

2020年7月15日発売

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ