「日比谷音楽祭2020」菅田将暉ら出演予定だった豪華アーティストによる特別番組決定

音楽 公開日:2020/05/22 4
この記事を
クリップ

日比谷音楽祭実行委員会は、新型コロナウイルスの影響により「日比谷音楽祭2020」の開催中止を決定したが、「人の心を癒やし、さまざまなボーダーを超え、希望をつなぐのは音楽の力だ」ということを、みなさんと一緒に分かちあいたいという本来のコンセプトを実現するべく、音楽の未来をラジオでアーティストたちと語り合う特別番組の放送を決定した。

日比谷音楽祭2020の開催を予定していた5月30日(土)には、ニッポン放送特別番組として『日比谷音楽祭 ON RADIO』を、3時間30分にわたって生放送。番組の前半は、菅田将暉、武部聡志、中村正人(DREAMS COME TRUE)といった、日比谷音楽祭に出演予定だった豪華アーティストたちがリモートで参加して、スタジオの亀田誠治とともにそれぞれの立場から「日比谷音楽祭」や「音楽の現在」「音楽の未来」について語り合う。


また、当日就くはずだった仕事を失ってしまった裏方スタッフに対し、“少額でも補償する”試みとして行っているクラウドファンディングについて、クラウドファンディングサービス「REDAYFOR」代表の米良はるかを交えて紹介する。番組の後半には、日比谷音楽祭での演奏を予定していた、亀田誠治×武部聡志による、この日のためにリモートで録音したスペシャルリモートセッションをお届け。新妻聖子、一青窈ほかアーティストがボーカリストとして出演する予定だ。

5月28日にリリースする予定の「日比谷音楽祭公式おさんぽアプリ2020」は、簡単な質問で自分のバンドマンタイプがわかる診断や、クイズに答えてミュージシャン仲間を集めたり、このアプリだけでしか聴けないオリジナル楽曲を楽しめたりする3ヶ月間の期間限定アプリ。日比谷音楽祭にちなんだ9つのクイズに答えて正解すると、亀田誠治をはじめとした日本のトップミュージシャン9人のキャラクター及び演奏トラックをゲットする事ができる。

9人のキャラクターは集めてみてのお楽しみで、全員集めるとシークレットアーティストも登場。クイズで集めたミュージシャンと、診断で出た自分のバンドマンとのスペシャルセッションで、亀田誠治作曲の日比谷音楽祭オリジナル楽曲を楽しむことも可能だ。日比谷音楽祭2020当日に公園内で遊べるアプリを株式会社ディー・エヌ・エーの若手人材を中心としたチームと一緒に開発を進めていたが、開催中止となってしまった為、途中でおうちで楽しめる内容に変更をして完成に至った。

日比谷音楽祭は中止となってしまったが、今だからこその、ラジオとアプリで楽しめる日比谷音楽祭を是非お楽しみいただきたい。


■ニッポン放送特別番組『日比谷音楽祭 ON RADIO』

放送日時:2020年5月30日(土) 17 : 40 ~ 21 : 10
メインパーソナリティ:亀田誠治/司会:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
ゲスト:菅田将暉、武部聡志、中村正人(DREAMS COME TRUE)、新妻聖子、一青窈、米良はるか(READYFOR代表) ほか


「日比谷音楽祭公式おさんぽアプリ2020」
配信期間:2020年5月28日(木)~ 9月1日(火)まで
ダウンロードURL:https://hibiyamusicfes.jp/2020/app/

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)