布袋寅泰、2009年ライブ映像作品『GUITARHYTHM V TOUR』配信決定

音楽 公開日:2020/05/20 7
この記事を
クリップ

2021年に40周年を迎える布袋寅泰。40周年記念の特設WEBサイトにて、トピックス企画「HOTEI 40th LIVE HISTORY」の第2弾『GUITARHYTHM V TOUR』が6月15日に配信されることが決定した。


最新アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』をひっさげて行ったツアー最終公演を収めたライヴ映像作品『GUITARHYTHM Ⅵ TOUR』を5月13日にリリース、5月15日にはテレビ朝日系「MUSIC STATION」にロンドンから出演し『YOU (Stay Home Version)』をパフォーマンス、また自身初となるインスタライブも行うなどファンへのメッセージを届けている布袋寅泰。


そんな布袋は2021年、アーティスト活動歴40周年を迎えるが、その周年にむかい、BOØWYが新宿ロフトでデビュー・ライヴを行った記念日である5月11日に特設サイトがオープンした。今後のライヴ・ツアー、リリースなどの新情報をはじめ、膨大な活動歴を網羅したカレンダー公開、ツアー衣装や使用ギターの掲載などが特設サイトで展開される。


そのトピックスのひとつである、布袋の過去の膨大なライブ・アーカイブをYouTubeプレミア公開で楽しめる「HOTEI 40th LIVE HISTORY」。第1弾として本日5月20日にライブ映像作品『30th ANNIVERSARY 第二弾 HOTEI THE ANTHOLOGY “威風堂々” TONIGHT I‘M YOURS! ~GUITARHYTHM GREATEST HITS & REQUEST~』が配信された(『CHANGE YOURSELF!』1曲のみ5月21日(木)0:00アーカイブ公開)。


そして、この「HOTEI 40th LIVE HISTORY」の第2弾として6月15日(月)にライヴ映像作品の『GUITARHYTHM V TOUR』を配信することが決定。本映像は2009年6月15日、ウェルシティ東京(東京厚生年金会館)で行われた公演を収録した作品で、ギタリストはサポートを入れず布袋ただひとり。ステージ・フロントの左サイドには、デヴィッド・ボウイやグウェン・ステファニーのドラマーでもあるザッカリー・アルフォード。右サイドには異端パーカッショニスト、スティーヴ・エトウ。ベーシストには東大寺『SPECIAL LIVE-Fly Into Your Dream-』のステージより引き続き参加となるナスノミツル。プログラミングで布袋サウンドの右腕、岸利至が参加している。


※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ