TOMORROW X TOGETHER、メディアショーケースで『Can’t You See Me?』初披露

音楽 公開日:2020/05/19 14
この記事を
クリップ

新人賞10冠を総なめしたグローバルスーパールーキーTOMORROW X TOGETHERが、5月18日に2ndミニアルバム『The Dream Chapter: ETERNITY』を全世界で同時発売。

『The Dream Chapter: ETERNITY』のすでに公開しているティザー映像は公開直後YouTube人気急上昇動画、Twitterワールドトレンド上位に入り、全世界で話題となっている。さらに『The Dream Chapter: ETERNITY』は、19日(午前8時基準)にアメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、フランス、オランダ、ロシア、インド、日本など全世界50の国と地域のiTunes‘トップアルバム’チャートで1位を獲得した。


そんなTOMORROW X TOGETHERの2ndミニアルバム『The Dream Chapter: ETERNITY』のリード曲「Can’t You See Me?」ミュージックビデオが公開された。ティザー映像やミュージックビデオでは硬い表情でカメラを見つめている5人のメンバーのクローズアップシーンが入っている。和気あいあいした雰囲気の中、楽しそうなメンバーの間で無表情なメンバーの姿がところどころ登場し、メンバー間の感情のコントラストが目立つ。さらに燃えている家屋の前に寂しげな表情で立っている5人のメンバーの姿や、その後雰囲気が変わり、メンバーの強烈なパフォーマンスも繰り広げられ、全世界で早くも話題になっている。


発売日となった5月18日に韓国でおこなわれたメディアショーケースで「Can’t You See Me?」を初披露し、激しいダンスパフォーマンスを繰り広げている。今回のアルバムでは、メンバーが参加した楽曲が収録され、3曲目「Fairy of Shampoo」でYEONJUNがラップの歌詞を書いて、4曲目「Maze in the Mirror」にはメンバー全員が参加し、BEOMGYUが共同プロデュースしていることも明らかになった。

  

ショーケースでリーダーのSOOBINは『僕たちの‘The Dream Chapter’シリーズは少年たちが成長する過程で出会う経験について語っていますが、『The Dream Chapter : STAR』で友達に出会った喜びを歌ったとしたら、『The Dream Chapter: MAGIC』はその友達と一緒にする小さな逸脱、魔法のような冒険談を入れ込みました。そして、今回の『The Dream Chapter: ETERNITY』は現実の壁にぶつかった少年たちの物語ですが、友達の間で葛藤と亀裂を経験することになり、友達関係は前と変わったが、一緒に過ごした大切な時間と当時感じた感情だけは永遠であることを信じるという内容です。』と今作について語っている。

【画像】ショーケース写真をもっと見る(集合&ソロ15枚)

TAEHYUNは『1曲目「Drama」からリード曲「Can’t You See Me?」と「Fairy of Shampoo」「Maze in the Mirror」 「PUMA」 「Eternally」まで全6曲が収録されていて、ポップ、ヒップホップ、アコースティックなど様々なジャンルの曲が入っていて、TOMORROW X TOGETHERの多彩な音楽スタイルを楽しんでいただけます。』と語っている。


YEONJUNは『「Can’t You See Me?」は魔法のような瞬間が終わって、燃えてしまった世界で経験する混乱と恐れ、友達の間でできた亀裂による寂しさを歌った曲です。友達を恨んだりとかもするけど、一方助けてほしいという気持ちを一緒に伝えてます。混乱している少年たちに合うように少しブルーでダークな雰囲気を感じていただけます。』と語っている。


BEOMGYUは『デビューした頃はステージでも番組出演してても準備したことをやって、見せるだけでいっぱいいっぱいでしたが、今はステージでもカメラの前でも前よりは少し余裕ができた気がします。何よりTOMORROW X TOGETHERというチームやチームのメンバーBEOMGYUとして責任感ももっと大きくなって、マインドももっとプロらしくなったと思います。』と昨年3月にデビューしてからのことを振り返っている。


HUENINGKAIは『デビュー前は早くデビューしたいとしか思いませんでした。でも、いざデビューをしてみたらすべてが慣れてなくて、大変でしたが、僕もそれを経験しながら責任感が強くなったと思います。デビュー後、僕たちを愛してくれて、応援してくださるありがたい方が増えてきて、もっといいステージやもっといい姿でお答えしたいと思うようになりました。そして活動に臨む姿勢ももっと真剣になったと思います。』とBEOMGYUと同じく振り返っている。

 

今後の目標についてSOOBINは『去年まではデビューした‘新人グループ’という枠組みの中にいましたが、もう新人グループではありません。2年目グループに合うような姿をお見せしたいし、去年は「TOMORROW X TOGETHER」というチーム名を知らせるために努力したとしたら、今回のアルバムからは魅力あふれる僕たちのそれぞれの姿をたくさん見せたいと思います。』と語り、BEOMGYUは『たくさんの方に応援いただきまして、ありがたいことに新人賞10冠という光栄な記録をいただきましたが、僕はチャンスがあれば単独ライブを開催したいです。もちろん今はいろんな事情でコンサート開催が簡単ではありませんが、いつかは喜んでライブを行うこともできるようになると思います。その日のために頑張って練習しています。』と語っている。


昨年3月発売されたTOMORROW X TOGETHER(SOOBIN、YEONJUN、BEOMGYU、TAEHYUN、HUENINGKAI)のデビューアルバム『The Dream Chapter : STAR』のリード曲「CROWN」ミュージックビデオは、YouTube再生回数1億回を記録し、デビューして1年も満たないうちに、ミュージックビデオ初1億再生を達成。圧倒的な存在感を示し、世界的に注目されている大型新人として底力を見せている。


また2020年1月15日に発売されたTOMORROW X TOGETHERの日本デビューシングル「MAGIC HOUR」は、LINE MUSICウィークリーランキングで1位を獲得。オリコンウィークリーランキング(1/27付)で2位を獲得し、その後も勢いは止まることなく10万枚を突破し、さらに伸び続けている。


写真提供:Big Hit Entertainment



   

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)